FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは100及び200時間移動平均に戻っている。

昨日は、100及び200時間移動平均レベルの間の価格で今日スタートしました。その後ニューヨークセッションのでは、価格は200時間移動平均(上記のチャートでの緑線)とトレンドラインサポート/102.77エリアでの50%リトレースメントの下に下落し、102.50で底を見つけました。(参照:http://www.fxddjpblog.com/2013/12/17/34443/

トレーダーは – 日本からの弱い貿易収支の数字と金融緩和縮小開始の見通し、あるいは今日のFOMCにより声明の支援を受け – USDJPYを売ることが良いと考え、その代わり、昨日のこの時間での場所、102.92と103.05での100及び200時間移動平均のちょうど間の価格を押し戻しました。

今日の間、もちろん、アクションはFOMCが金融緩和縮小の意向を発表する2:00PM(米国東部時間)に起こる可能性があります。非常にボラティリティの高い動きを予想します。ある時点では、それが今日であるか、新年に入っていってからであっても、金融緩和縮小を始めるでしょう。日銀は刺激策の継続を目指す可能性が高いため、これはUSDJPYをサポートすることになるはずです。ですから、押し目買いを探してください(サポート維持の102.83-87を要注意)103.05での100時間移動平均(青線)の上での動きはさらに上昇モーメンタムの上昇が開始するはずです。今週の高値は103.26です。先週の火曜日からの高値は103.38です。これは上昇への動きでの次のターゲットになるでしょう。

もちろん、価格がFMOCを待っているため、価格はこれらの2つの移動平均の間で停滞することもあります。ポジティブになりましょう。押しの維持を行うサポートに要注意です。100時か移動平均の上でのブレイク、そしてターゲットへのモーメンタムの可能性に注目です。
——————————————————–

 本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*