FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURUSDは200時間移動平均をテストし、サポートの買い。レンジはまだ狭い。

EURUSDは昨日のセッション終了までの数分で下げのレンジ拡大となりました。1時間足チャート(上記参照)、価格は直近の4時間足の100時間移動平均(青線)の上で終値を付けることができませんでした。価格はトレンドラインサポート(12月6日及び12月13日の安値から)の下に動くことができましたが、価格が200時間移動平均に到達した時(ベルが鳴り、押し目買いの買い手はよだれがでるほど欲しがり、1.3733のレベルで買いました。)、パブロフの法則に則った買い手を見つけることができませんでした。EURUSDのレンジは昨日48ピップスでした。直近の22日間の平均は78ピップスです。そのため、ブレイクで動く余地があります。

ここから、ショート側を好むトレーダーは1.3733レベルで移動平均がブレイクされるのを確認する必要があります。次のターゲットは金曜日からの安値と12月安値から12月高値までの上昇の38.2%が見つかる1.3700-10に来ています。(上記チャートを参照)

トップ側では、狭いトレーディングレンジで、トレーダーは100時間移動平均と天井となっている一昨日の終値1.3760をただ注目するだけかもしれません。その下に留まれば、弱気派が主導権を握ります。その上で動けば、弱気派は主導権を失います。

AUDUSDは今月新安値を付け、0.8877は次のターゲットです。

AUDUSDは、12月の新安値に動き、8月以来最安値で取引されています。8月の安値は0.8891でした。今年の安値は0.88469です。それぞれが下落のターゲットになっています。この2つのレベルの間は、直近の安値からのボトムトレンドラインサポートである0.8877です。AUDUSDは2度、別々の時の直近の週のトレーディングでこのトレンドラインをテストしていました。
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*