FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURJPYはナイスな安値をセット…

EURJPYはトレンドの方向性の無いバイアスのため、上下にぶれるトレードとなりました。その動きで100時間移動平均(上記チャートの青線、141.67)の上下で価格が動き、ショートをロングに転換しても、またショー側へぶれることになりました。

重要なことは昨日の安値あなたブレイクされた下でサポートを見つけたということです。このラインは11月29日と12月3日のトップにセットされており、12月5日のトレンドラインを上にブレイクし、昨日は安値のトレンドラインをテストしていました。12月3日からの上昇の38.2%は安値でのサポートを提供します

それで、昨日の上下の動きがあったものの、トレーダーはリスクを確定するために利用するより確かなサポートラインで離れることができました。昨日のトレーディングでそのラインの上に留まっており、強気派が主導権を握っています。その下に下げれば、テクニカルな見通しは弱気に傾きます。

AUDJPY100日移動平均からリバウンドしています(再度)。
 

The AUDJPY has been in between these two MAs since mid October. 100日移動平均をテストし、維持していました。(上記青線)下にブレイクできないことで、リスク確定のレベルで買い手が入り、価格が上昇しました。(上記チャートの青線参照)それでAUDJPYの価格は100日移動平均(青線)と200日移動平均(緑線)の間の「ゴールポスト」間で維持されていました。AUDJPYは10月中旬以来この2つの移動平均間にありました。

以下の5分足チャートを見ると、昨日の安値からの価格の動きは5分足チャートの100及び200バー移動平均の上に動きました(92.11)。価格がこのサポートレベルの上に留まることができれば、92.46レベルで金曜日以来の終値となった次のターゲットのこのレベルにリスクがあります。

そのレベルの上では、トレーダーは100及び200時間移動平均(以下のチャートの青線と緑線)に注目することになります。このレベルは92.804と92.896になります(そして下落)。ここは日足チャートでのブレイクしたトレンドラインの下側の場所です(上記チャート参照)。今週はそのレベルをテストするとすれば、トレーダーを魅了するこのレベルに注目です。

このペアが日足チャートでのサポートあるいはレジスタンスをブレイクできないということは、買い手がサポート(100日移動平均)で心地良い買いをおこない、売り手がレジスタンス(200日移動平均)で売ることで満足しているというトレンドのない市場であることを示しています。ある時点で、パターンはブレイクされ、価格がこの端から拡大し、離れていきます。この両端でテクニカルレベルからのヒントを探すと、方向性のあるヒントをトレーダーに教えてくれます。92.80-89での多くのテクニカルレベルで、市場が上昇し、このテクニカルレベルの下に留まれば、それは弱気派/売り手にヒントを与えてくれます。しかし、価格が上昇すれば、200日移動平均は再度、注目ポイントになります。

ある時点で市場はブレイクし、離れることになります。

 

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*