FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

イングランド銀行は政策金利を変更せず。GBPUSDは数週間のトレーディングレンジに留まっている。

これは予想通りです。ジョージ・オズボーン英国財務大臣は、強い経済成長の結果として融資が今後数年間にわたり減ってくると述べていました。2013年の成長は2014年を展望し、上方修正となりました。こうした全ても予想通りです。

 

GBPUSDは今週、狭いレンジに留まっていました。価格は1.6441の高値と1.6325の安値の間でもみ合いとなっていました。11月25日の安値から12月2日の高値への上昇の38.2%は1.63233に来ています。価格は1.63758での100時間移動平均の下にありますが、トレンドラインと200時間移動平均(上記チャートの緑線)が1.6311から1.6330までに全て並んでいるそこに沿ったサポートを維持しています。買い手は頼りにするこのサポートを利用し、リスクを確定します。しかし、それ以下での動きは、下落の扉を開きます。

トップ側では昨日と今日の1.6402からのダブルトップになっており、1.6374での100時間移動平均がレジスタンスです。

ファンダメンタルは英国で改善してきており、GBPUSDは上昇しました。しかし、現在のレベルは売り手が出てくるレベルであり、これで価格が上下にぶれることになります。(買い手と売り手がレンジ内でバランスが取れています。)今後、ECB、ドラギ総裁の声明と失業率データが明日出てくる予定です。両方がいずれにしても、米ドルに影響を与えるはずです。これでGBPUSDに対する短期・中期の方向を決定することになるはずです。ブレイクに要注意です。ブレイクでのモーメンタムに要注意です。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*