FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

今週の主要データリリースが始まり、USDJPYはもみ合い/調整モード

今週のデータとイベントリリースは米国のADP雇用レポートに始まり、カナダ銀行、ECB、そして英国銀行の政策金利の声明があり、そしてもちろん、米国失業率が今日から金曜日までのハイライトとなります。リスクが高まったことを認識している市場のトレーダーはポジションをはずし、ファンダメンタルからのヒントを待っており、その結果、昨日見た調整と今日これまでのもみ合いはそれほど驚くものではありませんでした。昨日のトレンドのような動きからのテクニカルなダメージで、11月初旬以来、強気派が走った後にトレーダーの動きが軽くなってきています。

昨日のレポート(参照:http://www.fxddjpblog.com/2013/12/03/34046/)にあるように、安値トレンドライン、200時間移動平均(上記チャートの緑線)及び38.2%リトレースメントでのサポートは維持され、今日のアジアセッションのトレーディング戻ってきています。今日のピークでブレイクしたトレンドラインの下側で売り手が出てきて、上下にぶれる市場において価格は100時間移動平均(青線)の下に押されていました。良く見てみましょう-市場は次の結果を待っている所です。

今日のところはデータ(http://blog.fxdd.com/2013/12/04/the-uscanada-economic-events-and-releases-for-december-4-2013/)が次の方向性のバイアスを支配する可能性が高いです。少ないとの日中はです。直近の24時間にかけて、テクニカルレベルはサポートとレジスタンスを提供してくれましたので、レジスタンスとしての102.88でのトレンドラインの下側と102.06のサポートでの200時間移動平均(緑線)で広いレンジを確定することができます。102.54での100時間移動平均の中間がピボットです。

日足チャートを見ると、昨日の価格は年足高値に近付きましたが、まだ足りませんでした。下落でトレンドラインのサポートで昨日と今日の両日にサポートを見つけました。102.22の下のブレイクで、102.00、そして7月からの101.524の高値を次のサポートターゲットとして注目してください。102.938、103.295、そして103.722の上が上でのターゲットになっています。

市場はデータ次第です。テクニカルな動きに注目してください。


——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*