FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは利益を伸ばし、週末が近づいてきて、若干戻している。

USDJPYはアジアセッションのトレーディングで高値拡大となりましたが、早めに上昇してから戻していました。このペアの上昇で102.48-58で次のターゲットの上に達し、102.60レベルで動きが止まりました。以下の5分足チャートを見ると、102.48の上にブレイクでトレーダーはこのレベルの上を維持しようとしていました。しかし、買い手は上昇を維持することができず、市場価格は下げに反転しました。

価格は、102.29で昨日の終値あたりで米国でのセミホリデイ(至る所で七面鳥を食べ過ぎの状態です。)のトレーディングセッションを始めています。価格の動きは下げてからは、上下の動きとなっていましたが、以下の5分足チャートを見ると、価格の上昇でブレイクされたトレンドライン(現在102.40にある)付近で売り手が出てきています。これば、リスクをこのレベルをし、限定するレベル依存する場所です。

 

下落において、今日の安値は101.945及び100時間移動平均(以下の1時間足チャートでの青線)がターゲットになります。トレンドラインは101.94に来ています。100時間移動平均(以下のチャートの青線)は101.847に来ています。市場は今週の火曜日/水曜日にこのレベルをサポートとして利用しています。そのため、このレベル(ブレイクでのストップ)に向けて押しで買い手が出てくることが予測されます。

もう1度、流動性の状況が薄くなることがほのめかされる今日のニューヨークセッション時間はセミホリデイです。それは静かな狭いトレーディングレンジのタイプのトレーディングになりえました。市場がモーメンタムを集め始める場合、ギャップを開け、素早い市場にもなりえます。そのアクションは直近のアクションからの静かで狭いトレードになることがほのめかされます。しかし、センチメントの変化のヒントを注目しています。売りのヒントにしたら上のレジスタンスに警戒してください。

 

——————————————————–

 本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*