FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYはトレンドラインのチャンネル/100.52の7月高値以下に戻り、静かなトレード

USDJPYはブレイクしたトレンドラインの下に戻りはっきりしない動きとなっており、以前に有効であったもう1つの低いトレンドラインに向けて少しの売りが出ていました。(上記1時間足チャートを参照)ほとんどのセッションの間、価格は、トップ側での101.57のバリアと下側の101.28で抑えられていました。今日、下側でブレイクすれば、100時間移動平均(チャートの青線)に向けた動きに要注意であり、それは現在101.05にあります。200時間移動平均(緑線)は100.54にあり(上昇している)、サポートが屈することになれば、それはトレーダーがターゲットにする可能性の高いテクニカルな水準でもあります。

高いボーダーライン付近は、昨日のトレーディングにおいて突破されたテクニカルなターゲットであった2013年7月高値でもあります。買い手がさらに関わって来るにはその水準は101.52に来ており、価格はこの水準と101.58レベルの上に到達し、留まる必要があります。(以下のチャートを参照)


——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*