FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

英国中央銀行は低金利政策を長期間維持と述べる。GBPJPYは163.06で2009年高値をテスト

BOEは住宅市場を注視しているものの、住宅バブルではないと述べ、持続可能な成長を確認したいと付け加えました。GBPUSDはほぼ昨日からの下落から戻しました。価格は5分足チャートの100バー移動平均の上に留まっています。昨晩の上昇の38.2%はその時、このレベル付近でした。(以下のチャート参照)これは昨日において市場で起こりえる最高の状態となるかもしれます。

 

1時間足チャートを見ると(以下の1時間足チャートを参照)、昨日の価格の下落は100時間移動平均(青線)以下に下落しました。昨晩の価格はこの移動平均の上に戻り、そして、ニューヨークセッションの午前にそこをテストし、維持していました。(以下のチャートの青線)このレベルを維持する能力は強気派にシグナルを送り、トレーダーは価格を押し上げました。それで、全体としては、買い手に同意する動きで、価格が100時間移動平均の上に留まることができる限り、買うべき押しを探してください。


GBPJPYは上昇し、163.06レベルでの2009年の高値をテストしています。この高値はこれまでのところ163.034に達しました。その高値からの調整は限定的でした。GBPJPYの調整はこのペアが上昇トレンドであり、1日中限定的でした。

この高値で売りたくなりますが、トレンド市場での自分のリスクを判断し限定する必要があることを理解してください。価格が2009年高値の上にブレイクする場合、それでさらに上昇モーメンタムが強まることになります。ご注意ください。ご自分のリスクを確定し、限定してください。トレンド市場は危険です。以下の5分足チャートでは、162.80での底のトレンドライン以下の動きは高値に達成感が出てきて、さらに調整の可能性があること示すヒントになると思われます。

 

——————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*