FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは高値拡大…強気派が主導権を握り、高値ブレイク

USDJPYは週足で狭いトレーディングレンジに収まっていました。水曜日まで、このペアは83ピップス程度のレンジで行き詰っていました。今日、ブレイクが上向きで拡大しなかったら、レンジは年間で最も狭いレンジとなっていました(上記週足チャートを参照)いつもの通り、現在の136ピップスのレンジは今年で2番目に狭い週足レンジとしては十分です。未だに低く、そのため、さらに拡大となります(すなわち、新高値が注目されます)しかし、少なくとも市場は目覚めました。

 

昨日、概観しましたが、価格のアクションは1時間足チャート上の十分に確定した三角形の中に限定されました。(以下の1時間足チャートを参照)どちらの端のブレイクで、次の方向性が確認できるでしょう。

Fed会合の議事録がリリースされてまもなく、価格はトップ側のトレンドラインの上にブレイクしましたが失敗に終わりました(あぁ-以下の1時間足チャートを参照)次の下落は底のトレンドラインの下に拡大することができなかった時に、-新たな観点でもたらされる新たなアジアセッションと共に(昨日のニューヨークセッションでは単に活動がありませんでした) – そのトップサイドのトレンドラインはブレイクされ、上昇が始まりました。

日銀は公定歩合を変化なしとし、刺激策継続のサポートを約束し、高値拡大のモーメンタムは次のターゲットの100.60と100.86に到達しました(高値は100.92に達しました)。7月19日からの高値は100.86でした。次に続く高値のターゲットは101.54であり、今日ではありませんが、押上げのターゲットとなっていますが、短期のテクニカルでモーメンタム継続となれば、そのまま前進となります。

100.60まで上昇で強気派/買い手のリスクに要注意です。(前述の9月からの高値)次のターゲットのレジスタンスレベルは、11月1日から11月15日までの高値を結ぶトップ側のトレンドラインとなる101.08に来ています。(以下の1時間足チャートを参照)さらに日中のヒントはこれらのレベルに要注意ですが、強気派のバイアスは今日再開となり、上側は未だにこのペアを支配しています。

 

 

About the Author

Leave a Reply

*