FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYはトップ側のトレンドラインをテストし、ブレイクをめざしていた

USDJPYは昨日レンジ内に収まっており、USDJPYの価格は限定されていました。このペアは100.045での100時間移動平均の上に拡大しようと2度渡来し、価格はその上に留まることができませんでした。価格が高くなるのであれば、このレベルの上に達し、その上で留まる必要があります。

下側では、トレンドラインサポートラインが安値に維持しています。そのレベル(上記チャート参照)は99.78レベルにありました。

上と下の境界が出来ていました。市場は押しの力が必要です。

 

USDJPYは100時間移動平均の上に達し、その上に留まることができました(100.049レベルの上記チャートの青線を参照)、そしてトップ側のトレンドラインでの次のターゲット(100.17)に向かっていました。昨日のレンジは45ピップスで通常以下でした(平均は71ピップスです)。そのため、発表となったFedの議事録に対して反応するものと思われていました。

トップ側のトレンドラインの上での動きは先週からの高値の100.46レベル(以下の日足チャート参照)に向かっていました。9月からの高値は100.60です。7月からの高値は100.86と101.524でした。米ドルの堅調さが今後、継続すれば、全てが有効になります。


——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*