FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

米国株式が下落し、USDJPYも同様に下落。

米国投資家カール・アイカーンが株式市場の大きな調整のリスクを警告したというレポートが出されました。S&Pが1800、ダウが16000という記録的な水準に達した後にニューヨークセッションの午後にそのコメントが出され、急落しました。

トレーダーが「比較的安全な日本円」のトレードに傾き、この下落はUSDJPYの下落と対応していました。この下落は99.76から99.86のサポートターゲットに動きました。100時間移動平均は99.86です。2007年の高値から2011年の安値への下落の中間点は99.845です。先週の安値からの上昇の中間点は99.76です。11月12日の高値と11月14日午後からの安値は99.78です。

サポートの集まりがこれまでのところ維持されていましたが、売りを誘うブレイクに要注意です。


——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*