FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは、よりハト派的なFEDの恐れで後退している。

先週は次期Fed議長のイエレンはややハト派的でした。今日、数人のFed委員の発言があります。(ダドリーニューヨーク連銀総裁、ブロッサーフィラデルフィア連銀総裁、コチャラコタミネソタ連銀総裁が予定されています。)そしてUSDJPYはおそらく同じような期待感でややソフトな状態です。しかし、価格はサポートまで押しが入り、また反発しました。(上記1時間足チャートを参照)99.82レベルの100時間移動平均(青線)、11月12日からの高値、木曜日のニューヨークセッションのトレーディングからの安値、そして11月13日の安値から11月15日の高値までの上昇の50%の99.76は下落で維持されました。安値はサポートの集まりの中間点の99.78に来ています。

価格は今日、100.082での下落の50%を過ぎてはねて上昇しました。これはアジアセッションに優勢であった弱気のバイアスを和らげました。(以下の5分足チャート参照)売り手は単に、下落トレンドのしっかりとコントロールすることができませんでした。価格は5分足チャートj校の100バー移動平均の上、そして同チャート200バー移動平均の下に留まっています。今日のトレーディングでは100の水準以下のモーメンタムに要注意です。価格がこのレベル以下に戻り、100.12エリア以下に留まれば、売り手が主導権を取り戻すことになるかもしれません。

 

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*