FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは長期レンジの中間点に上昇

USDJPYは金曜日の米国の雇用レポートの後に始まった上昇の継続となっています。上昇への動きは価格を2007年高値から2011年安値までの下落の50%のテストに向かっています。そのレベルは99.845に来ています。今日の高値は99.788です。

価格は7月と9月からの高値を結ぶ日足チャート上のトレンドラインサポートの上にも動きました。そのレベルは99.72レベルに来ています。(以下のチャート参照)高値上昇で価格が100日移動平均から乖離しています。USDJPYの価格は10月30日から11月8日まで(1日を除く)のこのレベルの上下でトレードされています。失業率データで高値ブレイクは強気派が主導権を握っています。

次のハードルは99.845での50%レベルの上となることです。9月からの高値の100.60、7月19日からの高値の100.86、そして7月からの高値の101.524がターゲットになります。今年からの高値は5月の103.722に達しました。

 

今日の下落で、100バー移動平均は99.64エリアでテストされていました。(価格は99.60に押しました。)今日のこのレベルと上昇の38.2-50%の99.544-524(以下のチャート参照)を注目されます。買い手が主導権を握ったままとなるのなら、このエリアへの押しで買い手が出てきます。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*