FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURUSDは1.3343レベルでの100日移動平均の下に動く

米ドルは好調な雇用データの恩恵を受けました。20.4万人となった非農業部門雇用データで雇用レポートはそれほど悪くはありませんでした。先月分は9月及び8月のレポートに併せて6万人の追加となり、上方修正となりました。失業率は7.2%から7.3%まで増えました。

14.3万人であった非農業部門雇用の3か月の平均は20.1万人に急増となりました。これはFedが望んでいたことに沿ったものです。Fedはおそらく遅くとも12月の会合(12月18日)、国債購入の縮小を目指す可能性が益々高まります。11月の失業率のレポートにはメリットがあります。しかし、利上げの考えで奮闘しており、国債市場を落ち着かせる必要があります。10年物国債のイールドは最大2.71%です。直近の最低の金利は2.5%程度で、直近の最高値は3.0%です。そのため、イールドはその両方の間です。金利が安定すれば、Fedは緩和縮小を開始することに自信を深めることになります。

米ドルは好調なデータの結果として高くなっています。EURUSDは1.3343レベル100日移動平均の上に留まっていました。そのレベル以下で留まれば、年間平均レンジの中間点まで動くことになります。そのレベルは1.328899に来ています。一昨日は、買い手が入る前に安値がこのレベルの7ピップス以内でした。1.3316レベルに来るEURUSDの200週移動平均に要注意です。

 

EURUSDの価格は1.3343レベルでの100日移動平均以下に戻り押しました。それ以下に留まれば、年足トレーディングレンジの50%が1.32889レベルなり、それは次のターゲットになります。200ピップス強の下落となった後に)昨日の安値は早めの買い手が利益確定を行った1.3395に達しました。

トレーダーはそのブレイクを背景にさらに下落方向のモーメンタムが強まることを希望しています。ショートに対するリスクは今、1.3374に向かう上昇です。これは下落の38.2%です。トレーダーは100日移動平均をブレイクしたこのレベルの上に価格が戻り高値となってほしいと思っているは考えていません。


——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*