FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは今回ブレイクし、200日移動平均まで下落

USDJPYは自由落下..200時間移動平均が下落を1時止めたものの、さら下落となりました。USDJPYは99.00の10月からの高値の上に動き、9月高値から10月安値への「下落の61.8%に動きました。そのレベルは99.057に来ています。そのレベルの上に留まることができず、急落となりました。この自由落下は99.00の価格はおよそ9分間で98.33での200時間移動平均に落ちました。買い手は200時間移動平均に入って来て、価格を98.61レベルの100時間移動平均に向けて戻しました。(上記チャート参照)

言うまでもなく、ボラティリティは大きいです。しかし、柔軟的に対応できるトレーダーは主導権を握っています。99.00レベルからの下落と飛び込みはそれを表しています。200時間移動平均での買い手もそれを意味しています。主要テクニカルレベルを判断し、リスクを制限するのは「トレーダー」であり、彼らはテクニカル情報から得たヒントに従います。98.61での100時間移動平均に警戒してください。昨晩、サポートであったレベルは今、レジスタンスになっています。

USDJPYは100時間移動平均及び98.60エリアのブレイクしたトレンドラインの下を通り、200時間移動平均(上記チャートの緑線)を通り、下にブレイクしました。価格は11月1日の200時間移動兵器をテストし、維持しました。今日は最初の押しが入り、保持され、3回目は幸運とはなりませんでした。

価格の下落は97.69レベルでの200日移動平均(以下のチャートの緑線を参照)まで戻って下げました。このレベル以下のブレイクは97.47エリアでの10月29日からの安値が次のターゲットです。これは96.92レベル(以下のチャートを参照)での日足チャート上のトレンドラインサポート付近です。

 

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*