FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

FEDのブラード理事:FED政策はデータ次第だがそれと同様一貫している

  • 失業率が下がっている
  • 雇用増が加速
  • 雇用レポートにおいて大きく「累積的に進展」している
  • 今週の雇用レポートは解釈が難しいものとなる。
  • 参加は人々が退職するとより人口動態となる。
  • 労働市場で実質的に進展した。
  • しかし、低いインフレと決済状況に余裕がある。
  • 金融緩和 vs GDPは世界で4番目
  • インフレが2%に向かうことを確認したい
  • GDPの経過調査は第3四半期2.7%です。
  • 政府機関の閉鎖は大したことにはならないと思う。
  • それは自信を損なう。
  • 政治的な状況が正しくなるのを本当に待つことはできない。
  • それがバーナンキの最後の会合になるかどうかはそれほど重要ではない。
  • 経済が9月強くなったという証拠がそれほどない。
  • 低いインフレのため急ぐ必要はない。
  • FEDが独立性を示したため、9月の信頼性を高めたと考える。

今週開始時の ブラードのコメントは、金融緩和縮小のボタンに指を乗せているが、低インフレであるため維持しているというFEDの状況を表しています。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*