FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

ADP全国雇用者数は弱く、CPIは予想通り、ちょっとした花火

ADP全国雇用者数は、15万人の予想に対して13万人でした。先月分は16.6万人から14・5万人に下方修正となりました。米国非農業部門雇用者数は先月14.8万人増と示されました。それで、その修正は先月のデータに遭った実際の数字と一貫しています。政府機関の閉鎖が影響した数字の想定は現在、11.5万人程度です。しかし、データの想定はワシントンでの非常事態であったため難しくなります。政治家が障害になると、生活はさらに難しくなります。

CPIデータは前月比+2.0%になると予測された通りで出てきました。前回の食料とエネルギーは0.1%と出てきました。

予想よりも弱いADPは米ドルの下げ側に対してお決まりのパターンの反応でした。しかし、モーメンタムは消え、ドルはわずか反転上昇となりました。

流れを整理するFOMCの声明の時までぎくしゃくしたトレーディングとなる可能性が高くなります。もちろん、先月、Fedは市場を危機一髪で緩和縮小のプロセスを介しないことで、少し市場を驚かせました。考えられることは、危機一髪であり、2014の3月/4月まで変更策への期待は望み薄となります。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*