FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは100日移動平均の近くで売り手が出てきている

The USDJPYは98.35レベルで100日移動平均に向かって動いており(以下参照、http://www.fxddjpblog.com/2013/10/29/33161/)、 利益確定の売りが出てきていたようです。昨日の早い時間帯は、価格は200日移動平均(上記チャートの緑線)の4ピップス内でしたが、サポートに支えられていました。

そのため、このペアはトップでは100日移動平均とそこでは200日移動平均の間で定められた「ゴールポスト」の間で居心地が良さそうでした。

以下の5分足チャートを見ると、価格は2つのステップのプロセスを通して価格は上昇しました。最初の高値足は97.99まで上昇しました。下げの調整は97.827で止まりました。(それは97.46の安値からの上昇の38.2%の上です。)次の高値の足は97.827から98.269の高値(98.351での100日移動平均の手前)に価格を押し上げました。その足の38.2-50%は98.048-98.10に来ています。100日移動平均に対するそこからの売り手はさらに下落するのを確認するためにこのエリア(以下のチャート参照)以下に動きを探しています。

 

FOMCの決定が明日予定されており、このペアは100日移動平均の上か200日移動平均の下のどちらかにブレイクする可能性が高いです。予想されるのは、Fedはこのままを維持するということで、月額850億ドルの国債買い入れの維持となるというものです。前回のFedの会合で100億ドル削減するということが予想されていました。今日、ワシントンでの大混乱と予想以上に弱い雇用情勢の後で、その期待は3月/4月に向けてものになりつつあります。世界はいかに変わってしまったということです。

Fedの決定の後9月18日に、USDJPYは次の数時間で99.66の高値にリバウンドする前に99.00から97.77まで下落しました。それは直近の高値です。下落の動きは10月安値の96.56にまで拡大しました。

期待感は今日変化していませんが、Fedのコメントでサプライズとなる可能性があります。Fedはより透明性を高め、金融緩和縮小へのより具体的なプランを描かなければならないという声も出ています。心配なのは、もし、Fedがそうしない場合、Fedが僅かであっても縮小をいつか決定ると、国債市場大きく反応する可能性があるということです。いつもの通り、彼らのコメントがどのようなものかは分かるでしょう。私はトレーダーのためのヒントを提供してくれる主要テクニカルレベルに注目することにしています。
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*