FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

GBPUSDは100時間移動平均をテストし、今のところ保持している

英国のGDPは予想通り、前期比0.8%増となりました。市場の動きのトレンドで定まらず、ボラティリティが上下に高くなっており、このニュースを織り込んでいたようです。

しかし、テクニカルな観点で言えることは、100時間移動平均(現在、1.6178での上記チャートの青線)がそのレベルに向けた押しでのサポートでの買い手がいることを示しています。直近の時間のトレーディングでの最後のテストでは数ピップスのテクニカルなレベルに留まり、買い手が現れました。(安値は1.6181に来ました。)上からの売り手がこのレベルを利用して利益確定を行うため、これは最初のテストで予想することができます。しかし、今日のトレーディングレンジが狭くなっており、このペアは、そのレベルがブレイクされるようなことがあれば、動く余地があります。

5分足チャートを見ると、安値からの価格の調整は200バー移動平均と昨日の安値からの上昇の38.2%に対しては早めの売り手が出てきました。そのレベルは、1.6204エリア(以下のチャートでの緑線参照)に来ています。売り手が1.6178レベルでの100時間移動平均のブレイクに対してモーメンタムを強めている場合、それは調整(トレーダーのリスク)での1.6200-1.6211エリアの下で価格を維持することができるはずです。価格が以下に留まることができれば、ニューヨークセッションでのトレーディングでの下落に向けたレンジ拡大に要注意です。(現在のレンジは67ピップスであり、平均は108ピップスです)次のターゲットは1.6160と1.6138での昨日のニューヨークセッションからの安値エリアとなります。

価格は1.6211レベルの上で動けば、トレーダーが今週の仕事はこれで終わりにするため、金曜日の上下のランダムな動きは単に一日続くかもしれません。

 

——————————————————————————————

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*