FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは200日移動平均をテストしている。今日のトレーディングの主要レベル。

日本円の相対的な安全性への退避がこのペアにプレッシャーをかけているため、ニューヨークセッションのトレーダーはUSDJPYの急落に直面しています。中国は株式から撤退し、日本円に入ることになる信用条件の引き締めを行いました。この動きで、価格は97.26レベル(上記チャートの緑線)での200日移動平均に、さらにそこを通っていきます。これは、価格が200日移動平均の下に動いたのは今月2度目です。10月8日に初めて動きが失敗しました・(96.71)そして価格は99.00での10月の高値に上昇しました。今日の動きは、現在97.38レベルでのトレーディングとなっており、これまでのところ失敗しています。

このペアのレンジはこのペアの先月のトレーディングの平均78ピップスを超えている126ピップスです。そのため、このペアはトレンド指向となっています。市場は今日さらにトレンドになれば、現在の調整では、売り手が主導権を握りたいというヒントが注目されます。

以下の5分足チャートを見ると、今日の下落トレンドの38.2%は97.546にきています。当初の安値(200日移動平均からの戻し)からの高値調整はそのレベルにもあります。ストップをその上に置き、強いトレンドを維持するこのエリアでの売り手に要注意です。

もちろん、ターゲットは重要です。価格がそれ以下に動き、今日97.26レベルでの200日移動平均の下の終値となれば、それは96.74での下落モーメンタムが開始し、98.56での10月の安値が下落での次のターゲットになります。


——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*