FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

GBPUSDは2012年10月の高値に向けて動いている。

GBPUSDは弱い新規失業保険申請件数のレポートが昨夜出た後に、上昇することができました。上向きの道はでこぼこ道ではありませんでした。このペアは当初上昇し、そしてさらに上昇する前に急落しました。しかし、回復し、このペアは1.6259エリア(上記チャート参照)での今月の初旬からの高値をテストしています。高値のブレイクで、次の主要ターゲットは1.6300-1.6308エリアに来ています。2012年にGBPUSDは3回高値を付け、別々の月に1.6300、1.6308そして1.6304でした。2013年1月(今年の最初のトレーディングの日)にこのレベルの上に価格が動き、バイストップにひっかかり、下げる前に1.6386でピークとなりました。1.6300はその日以来、突破されていません。事実、このペアは高値kら安値まで1500ピップス以上拡大するトレンドの動きに49日間費やしました。

価格がこうした高値レベル付近に戻り、まだトレーダーの間で記憶に新しい2012年からの3つのトップで、次の60ピップスは破るのが難しくなると予想します。トレーダーは単に1.6300レベルの上のストップレベルで売るか、利益確定することができます。

その上のストップの1.6300レベル付近で売る代わりに、トレーダーは短い期間のチャート上でのサポートレベル以下の動きでの売りを探すかもしれません。

5分足チャートを見ると、価格は上昇する底のトレンドラインの下にあります。トップ側でのトレンドラインは低いトレンドラインよりも平坦になってきています。上記の1時間足チャートから、高値の価格は今月初旬から3つ続く高値をテストしているのがわかります。買い、または調整で売りたいと思うトレーダーは売りのシグナルとしての以下のチャートでの低いトレンドラインのブレイクを警戒するものと思われます。リスクは確定され、限定的です。

エントリーに加え、トレードには、トレーダーが売り手の主導権に対して自信を持てる当初のターゲットを含む必要があります。そのレベルは1.62275レベルです。(以下のチャートを参照)これは上側でのトレンドラインを始める直近の高値でした。そのレベルの下に行けば、売り手が進むことになります。買い手は真だと言うには時期尚早です(ドルは問題になっています)が、それはトレーダーに売り側で良いトレードの場所得る機会を与えてくれますので、下落での買いの機会に要注意です。

 

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*