FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

弱い失業率データで米ドルは乱高下

米国の雇用レポートは予想よりも弱いデータでした。ヘッドラインの数字は18万人の予想に対して14.8万人でした。先月まではプラス9,000人で上方修正となりました。だから全体的には数字は全ての3つの数字を合わせると、マイナス2.3万人の雇用が弱かったです。失業率は7.2%下落しました。これは失業率が6.8%であった2008年11月以来最も弱いものでした。

貿易運輸と公益事業が6万人の増で最も増やしました。4.8万人の追加となった2月以来、製造業はわずか2,000人追加し、建設業は2月以来最大数の2万人を追加しました。レジャーと観光業は今月1.3万人の減少となりました。これは一般的には裁量的な支出であり、強くなってきている経済を示しています。そのため、減少は経済の強さに対して若干懸念材料です。全体として、数字は失望するものであり、米ドルが安くなるはずです。

 

ドルは確かにほとんどの通貨に対して弱くなってきました。上記のチャートは雇用データ前のドルの変化を示しています。以下のチャートはドルの現在の変化を示しています。日本円の変化は対ドルで今それほど変化がないことに留意してください。しかし、ドルは今、ユーロ、英ポンドそしてスイスフランに対して弱いです。相対的は変化はEURJPYで先導しており、クロス通貨ペアにおける動きを示しています。

 

USDJPYが同じままでとどまっている一方でEURUSDは上昇している時、EURJPYは上昇しなければなりません。確かに、このペアは1.34.93の上にブレイクした2009年11月が9月に高値に達して以来の新高値レベルに動いています。

 

USDJPYを見ると、このペアは当初弱いデータで下落し、200時間移動平均、100時間移動平均、そして先週の安値から高値までの上昇のリトレースメントレベルでのサポート以下に下落しました。市場は61.8%リトレースメント付近で買い手が現れ、急騰しました。上昇への動きで、価格は98.35での100日移動平均の上に達しました。

 

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*