FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYでの再三の上下の動きは続いている。今日は下げ方向。

USDJPYは、Fedと異なるワシントン-予算編成の議会の情勢に注目が集まり、今日つまずきました。主要な進展に対する期待感が低く(おそらくダメージが多い)、ドルは今日のトレーダーにとってサンドバッグ状態です。

各種ペアの下落で100日移動平均(上記チャートの青線)、100時間移動平均(下記チャートの青線)そして98.10/11エリア(これは9月20日の高値から10月7日の安値への下落の中間点と9月11日の高値から10月7日安値への下落の38.2%です)の下に価格が戻ってしまいました。100日移動平均と100時間移動平均は実質的に98.41で同じでした。価格がロンドンセッションの早い時間帯でこのレベルの下に到達することができた時に、下げの価格のモーメンタムが強まりました。98.11エリアは今日のレジスタンスとして注目されます。

価格の下落でこのペアは200時間移動平均(上記1時間チャートの緑線)と10月安値からの上昇の50%リトレースメントの次の主要ターゲットに向かって動きまいた。上昇の50%が97.779に来ていますが、200時間移動平均は下剤97.91レベルです。今日の安値は97.80です。(以下の1時間足チャートを参照)おそらくその上からチョーとしているトレーダーはこのレベルを利用して、ポジションを軽くする、もしくはリスクを確定した買いを始めていました。このレベル以下の動きは97.63エリア(10月9日からの高値と10月10日からの安値-1時間足チャートを参照)と次に97.492をターゲットにしています。

今日は、33.4万件数の予想の新規失業保険申請件数が出てきます。先週の件数は37.4万でしたが、これはコンピュータの不具合と政府機関の閉鎖の影響を受けていました。ビジネスが閉鎖の影響を受けていたため、その流れでその他の政府が誘発した解雇もあったかもしれません。

 

About the Author

Leave a Reply

*