FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

米国下院共和党議員が調整を行うまで、上院の交渉は停止となった。

フィッチは、米国の信用レーティングをネガティブな警戒としたものの、AAAレーティングを維持しています。これは今後の格下げの可能性を警戒するものです。フィッチは2013年のGDPを1.6%から1.3%。2014年は2.8%から2.6%に下がるとしています。USDJPYは97.98が昨日の安値となりました。98.10/11でのサポートの下に下落していましたが、リバウンドとなり持ち直しました。ダウ先物はフィッチの発表時に100ポイントを超える下げとなりました。

下院の提案は冷やかな扱いを受けています:
・12月15日までの継続議決
・2月7日までの債務上限
・臨時措置の排除
・医療物品課税を行わない
これは上院では関係されない可能性が高い内容です。

米ドルはニュースヘッドラインを受けて下落しました。

 

EURUSDは1.35137と1.35244の間で38.2-50%の調整ゾーンに動きました。200バー移動平均(上記チャートの緑線)はこのレベルの重要性が高くなる1.3524付近です。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*