FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURUSDは上院での楽観主義で下げのトレンド

取引が良いものでも、単に「道路での缶けり」の類であっても、米ドルの買い手はEURUSDの急落で今日は主導権を握っています。下落は価格を6月と8月の高値と9月(及び先週)の安値を結ぶブレイクされたトレンドラインの下側に落ちました。そのラインは1.34776を通りました。今日の安値はこれまでのところ1.34789です。このレベルの下での動きがさらに価格が下落するために必要となります。

短期の5分足チャートを見ると、列車はロンドンの朝のセッションで駅を出発し、ボードの上で飛び跳ねるチャンスはほとんどありません。直近の45分のトレーディングでは16ピップスの上昇で最大の調整の動きとなりました。前回の高値は11ピップスです。これは売り手が明らかに買い手を圧倒しているトレンドの市場を表しています。

こうした売り手は主導権を握ったままである場合、調整が抑えられ続けるかが要注意です。トレンドの下落の38.2-50%を売り手の強さの代わりとして利用したいと思います。結果として、今日の朝のトレーディングにおけるレジスタンスを提供する1.35137-24レベルに注目してください。これまで少しの調整があれば、1.35244レベルを通るリスクのある売りの絶好の機会として1.35137に向けた動きは歓迎されます。売り手が日足の中間点を通って戻ることを歓迎するとは思いません。

下落側では、1.34508(8月からの高値)と1.34149 (6月からの高値)は明確なターゲットになっています。1.3414レベルは2011年10月の高値と2013年1月の高値を結ぶトレンドラインの下側の場所でもあります。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*