FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

ForexLiveヨーロッパモーニングまとめ: 債務交渉の解決に対するプレッシャーが高まり、米ドルが市場を支配してる

米国の債務交渉に関するニュースはなく、中国からは圧力が強まり、交渉が行われることになり/行われなければならず、今日の朝に米ドルを飲み込んでしまったという市場の確信を深めている。それでも利益の得るきっかけとなるにはそれ自身で不住ではないが、神経質/ひ弱な時期になっている。

USDJPYは98.70付近の高値をテストすべく再度上昇し、EURUSDはZEWのセンチメントが改善したのにも関わらず、現在の状況の数値が期待以下でありましたが、1.3500を通り、下にブレイクしました。

英ポンドはこれまで1.5915まで下落する前に1.6012の直近高値をテストした時に予想以上のCPIデータの後にすぐ上昇しました。EURGBPは下落もし、しかし、0.8460-65間のサポートをしっかりと維持しています。

豪ドルはほぼ強い上昇を維持し、AUDUSDは0.9550でバリアがあり、0.9521に下落しました。

金は1254ドルでのサポートを叩きに来ており、今、次の主要レベルの1205ドルをテストすべき脅威を与えています。

今日、アクションがないということに関する文句はありませんが、ボラティリティが高くなっています。ワシントンからの声明が一気に出てくれば、同様の事が期待できます。

About the Author

Leave a Reply

*