FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

開いた口が塞がらない…

この14日間にわたり、政府機関(少なくともその一部)が閉鎖されています。最初は、オバマ大統領は「オバマケア」に触れることができず、「予算を通して、歳出を行うこと」は議会の仕事であると言っていました。共和党議員は1年間オバマケアを遅らせたいと思っており、医療機器物品税の廃止を望んでいました。

ベイナー議長の下での共和党議員は自らプランがあると述べ、先週少しは「妥協」したと伝えられていました。そのプランは11月22日までに債務支払いの上限を増やすというものでした。11月22日というのは本当でしょうか。議会が終わりのない争いをすることなくこの点に対処することが出来なければ、この短期間で予算の大バーゲンを行うことができるのでしょうか。

大統領と民主党議員の反応は:「ノー…我々は予算の継続決議案(CR)と債務上限を必要といる。ひも付きではなく。」大統領には6週間以内に求めていることがあるのです。

上院多数党院内総務と少数党院内総務は会合を持ち、プランの調整を行います。(それは今行っているところです。)こうした動きはベイナー議長にとって打開策となり、フリーパスを与え、おそらく、彼が大事にしている議長職も安泰となります。

今、緊張した交渉が行われていると思いますがその後、満足できる日々となるでしょう。なぜなら、14日間の後に、継続決議案が1月まで延長される「取引」について解決「間近」となっているからです。債務期限が2月まで延長されます。医療機器物品税は合意の一部にはなりませんが、オバマケアを申請する人々の身分証明の確認がひつようとなるかもしれません。(違法に入国していないという確認であると思います。)イエーイ。

何が決定されても、(それが上院で可決されるとしても)下院議会に戻される必要があり、それが可決となれば、それは同じ非協力的なだだをこねているような議員たちもテーブルに付き、12月の中旬までに合意に達することを期待して予算について長期の交渉を開始することになるでしょう。本当にそうなるのかと言われれば、

2つの言葉…”グッド・ラック(上手くやってほしい)”ということです。

税収を促進するような最も大きな刺激策と債務削減策を政府が採用できるような形での景気のモーメンタムは危うい状況です。しかし、無限の賢明さで議員はテーブルに付き、アイディアを出し合い、何日も、何カ月も前にいた状況以外の状況には達せず、それを進展と呼んでいます。ああ…その経過の中で経済が脅かされる…

彼らがオンラインでの速達10%ディスカウントを受けるためにFedEx.comでの口座開設についてまだ話していたのかと疑問に思っています。そうしていたら全く違う状況になっています。それはぴったり正確に、完璧に意味を成します。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*