FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

GBPUSDはニューヨークトレーダーが入り、セッション新安値に下落

GBPUSDはニューヨークトレーダーが入り、セッション新安値に下落

GBPUSDは弱い鉱工業生産及び貿易データがこのペアを下げさせ、今日のセッションの新安値で取引されています。

 

テクニカル的な観点では、価格は1.59413での直近のトレンドの上昇の38.2%に近づいてきました。1.5870はチャンネルトレンドラインサポートです。

 5分足チャートを見ると、このペアは今日の調整の動きにほとんど何もありませんでした。この動きで価格が100及び200バー移動平均(青線と緑線)の下に動き、アジアセッションの早い時間帯にこの動きが始まりました。経済データがリリースされた時下落の動きが加速しました。下落の動きはトレンドラインサポートの下に加速しました。価格はチャンネルトレンドラインサポートの下に動きましたが、市場がもみ合いとなるとあっけにとられました。(以下のチャートの赤のエリア)。ニューヨークセッションのトレーダーが入ってくると、トップ側のチャンネルレジスタンスに対して新たな下げの押しで弱気派がしっかりと主導権を握っています(1.5962以下…チャートを参照)このペアの買い手が出てくれば、このラインが突破されるか、直近の下げのトレンドの38.2%とデータが下げた後の直近の高値付近である1.59846に向けた動きに要注意です。1.5995以上の動きは市場を中立にします。

 

トレンドの動きは速く、方向性があり、大きなトレーディングレンジになる傾向があります。この動きはそういう特徴があります。しかし、価格がさらに進めば進むほど、利益確定が入り、「押し戻し」があります。1.5941-54エリアは日足チャート上のサポートエリアです。チャンネルはトップ側のレジスタンスを判断する上でも役に立ちます。

追伸;もう1つのヒントはこの1か月間のトレーディングの平均103ピップスに対する今日の169ピップスのレンジから分かるかもしれません。トレンドはそのままですが、もみ合いに移行する可能性があります。新たにショートするエントリーポイントの修正レベルに要警戒です。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

About the Author

Leave a Reply

*