FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

非農業部門就業者数(NFP)のリリースが無い金曜日

非農業部門就業者数(NFP)のリリースが無い金曜日

失業率データなしで楽しみの無い日。政府期間の閉鎖は実感され始まっています。通常の月の今の時期には、今日のEURUSDでの低いトレーディングレンジを拡大する上昇または下落を求めることになっていたでしょう。

 

GBPUSDは、トレンドある日となり、すでに非農業部門就業者数を刺激したようです。前述の理由は、どこにでもある「経済は早期政策金利上昇を保証するほど強くはない。」ということです。    それは米国でのストーリーでもあり、Fedのロックハート・米アトランタ連銀総裁は、データが不足していることで国債購入の縮小に関してより慎重になるであろうと述べていました。明らかにCNBCでは独自の非農業部門就業者数レポートを8:30AMにリリースします。NFPの想定するだけのことがあるかは、ヘッドラインと民間部門の就業者数に18万人と出ており、失業率は7.3%となりました。ドルが上昇するか、こけるかの場合、CNBCが30万人か5万の数字を出すかどうか疑問です。

 

とにかく、GBPUSDは昨日の「上昇を売る」種類の日の後に動いています。アクションは英国のトレーダーが用意万端になった時に始まりました。価格は100及び200バー移動平均(上記チャート内の収束した緑線と青線)の下に抜け落ち、アジアセッションで安値がブレイクされ、売りが始まりました。(上記5分足チャートを参照)1時間足チャートを見ると、下落で価格は1.61429で38.2%のリトレースメント、1.61233での200時間移動平均、1.6107での50%リトレースメント、1.6071での61.8%の下に下落しました。サポートであるべきだったものは今はレジスタンスになっています。このペアの最後の安値足の50%は1.60746です。これはその観点からも意味があります。(1.60647に要注意です。)

5分足のチャートに戻ると、このペアはかなり良い下落トレンドとなり、下落側のモーメンタムを強める底のトレンドラインの下に下げて下落を加速しようとしています。価格はそのラインの下に下落すれば、トレンドが速い方向性のものとなり、大きなトレーディングレンジとなるため、要注意です。しかし、そのラインが維持され始める場合、価格を上のトレンドライン(及び1.6064-74エリアに向けて – そこで売り手に探してください)に向けて戻る調整の動きとなりえます。

早めの買い利益確定に警戒しますが、ブレイクと少ないボリュームの流動性のリスクを理解してください。下落のトレンドの日は危険です。そのため、警戒してください。

 

EURUSDは動き始めており、1.35808での週足のトレーディングレンジの38.2%を試そうとしています。以下の5分足チャートを見ると、価格は昨日のトレードからの天井/底であった価格の下にあります。1.35755はダブルボトムでもありました。そしてそれは下に下げる次の下のターゲットとなります。

シミュレーションの楽しみの無い日でも幸運を!

——————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。さらに、外国為替市場での証拠金取引には高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*