FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

ベイナー米下院議長からのコメントが出た後にUSDJPYは「調整ゾーン」に入った。

ベイナー米下院議長からのコメントが出た後にUSDJPYは「調整ゾーン」に入った。

 

USDJPYはベイナー米下院議長からコメとの背景に若干戻して上昇している。ダウは136.66ポイントの下げとなり、100ポイント以上失いました。ナスダックは55ポイントの下げとなり、39.42ポイントの終値となりました。市場は株式市場とワシントンからのニュース宣伝の影響を大きく受けています。

上記のチャートを見ると、価格は昨日の終値(97.34レベル)付近に戻っています。価格は、38.2-50%リトレースメントの間の調整ゾーンにも入りました。この価格のこのレベルの下に留まれば、売り手が主導権を握った状態となります。
——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。さらに、外国為替市場での証拠金取引には高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*