FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

回り回るトレーディング。USDJPYはダウを追う。ダウはワシントン政府を追う。USDJPYはワシントン政府を追う。ダウはUSDJPYを追う。

回り回るトレーディング。USDJPYはダウを追う。ダウはワシントン政府を追う。USDJPYはワシントン政府を追う。ダウはUSDJPYを追う。

USDJPYは少しリバウンドし、整然としたプロセスでの売り切りの後にサポートとレジスタンスの間で方向が定まらない状態です。株式が特にニューヨークセッションではこのペアに対して主要な影響を与えています。ダウは安値で-141ポイント程度下げました。一時戻したものの、終値は-58.56となり、下げました。これが高く戻すことに貢献するかどうかです。株式が底を打って以来の高値はダウを-45程度にしていました。

 

昨日のダウ平均の5分足チャートを見ると、ダウとUSDJPYの相関関係がかなり近いことが分かります。ダウが米国東部時間10:30AMに底を打ち、1:35PMに調整のピークとなりました。(上記チャートを参照)USDJPYについては、このペアは米国東部時間10:30AMに底を打ち、1:25PMにピークとなりました。(下記チャートを参照)   悪くはありません。

そのため、株式市場の動きが予測できれば、USDJPYの動きを予測することができます。(または少なくとも短期的にはそう見えます。)もちろん株式市場の動きは経済情勢とワシントン政府の状況で揺さぶられています。ニューヨークセッションの午前、ADPのデータとニューヨークISMインデックス(53.6 vs. 先月60.5)が初めの下落の調子を定めていました。その後、オバマ大統領とハリー・リード議長の(腰をすえて話しましょうという)和解のニュースで株式は回復しました。

それで、USDJPY、ダウ、ワシントンンの循環においてです…トレーディングを意味しています。

USDJPYはダウを追う。
ダウはワシントン政府を追う。
USDJPYはワシントン政府を追う。
ダウはUSDJPYを追う。

状況は未だに流動的ですが、ワシントン政府において何らかの手立てが取られることになれば(そして、主要経済データが出なければ)、市場はこれからのきしみや揺れ動くこうした状況に反応します。

注意:米国の夕方に進展があっても、なくても、より大きなボラティリティの高い反応が出る可能性があります。ですのでリスクは高くなります。注意して、準備しておくことです。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。さらに、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*