FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

もしそうなったら、どうなるのか?

もしそうなったら、どうなるのか?

カウントダウンの時計が時を刻み、政府の閉鎖のリスクが現実味を帯びてきています。オバマ大統領は、医療保険改革法(オバマケア)の予算の手当てを遅らせる短期予算の議決を承認しないと宣言しています。それは提案されていません。共和党が支配している下院議会は一時的に政府を閉鎖しないプランの概要を示しましたが、医療保険改革法を遅らせるという条件付きです。民主党が支配している上院議会はそのプランに乗る可能性はありません。そのため、その条件や他の一時的なアイディアを取りやめることにより、可能性を残しておく下院議会が逆に集中砲火を浴びることになります。「閉鎖」を回避するためには真夜中までにすべてを行う必要があります。

政府が閉鎖されたらどうなるのだろうか。それが暗示することは何でしょうか。

1.危機が続けば、米国の成長に大きな影響を及ぼすでしょう。最初に最も必要とされない政府機関が閉鎖されます。郵便や国家の安全保障、航空管制などの必須サービスは閉鎖されません。しかし、85.6万人の労働者が自宅待機となり、それが時と共に景気に影響を及ぼすことになります。
2.株式価格は下がる可能性が高くなります。株式市場は今日、ある時点で171ポイント下落となりました。ダウは118.57の下落で終えました。市場は全て大丈夫だろうと言っていますが、大丈夫でなければさらに売りが出る可能性があります。
3. 金は安全な退避先となり高くなるはずです。(金は今日は上昇していませんが…)
4. ドルは下落するはずですが、異なる通貨は違った形で影響を受けるはずです。日本円は安全な退避先であり、そのようです。全体的にはドル一般にリスクがあるでしょう。
5.   原油は経済成長の鈍化がガソリン需要を下げるために安くなるはずです。

今、それが恐怖になっています。現実は全く異なるものなるかもしれません。その理由は真っ先に言える事は、市場が景気への測定できるほどのダメージを与えることなく、少なくとも下落に対処できる可能性があるということです。言い換えれば、肝心な時に、一時的なことが閉鎖を回避するように議決される可能性が高いということです。結局は、ばかげて見えるのは政治家です。米国民の中でも医療保険改革法への賛否両論があり、どうなるのか想像するしかなく、それが完璧に失敗か成功かが分かるまでどうにもなりません。それがある程度期間は分かりません。

一方、政府機関の閉鎖は短期的に何等かダメージを政治家に与える可能性があります。   実際、政治がここまで来たのだから、いずれ政治が決着に至るでしょう。

市場にとっては、ニュースや市場のセンチメントに応じてあちこちに動くことを意味します。

昨日は、前に進む市場の動きの可能性を暗示する事例でした。全ての日本円ペアは昨日の初めから安値圏でトレードしていましたが時間が経つにつれ、それぞれの価格が回復し、GBPJPYやEURJPYなどは実質的に高くなりました。   USDJPYはあまり影響を受けませんでしたが安値から戻して変わらずです。

金については最初から高く始まり、下落しました。
原油は予想通り下落しましたが、それから高値に上昇し、昨日の高値圏でトレードしていました。

トレーディングの観点では、トレーダーは注意が必要です。リスクは高いです。リスクが高まっています。不確実性は高いです。不確実性が高まっています。

余談ですか、閉鎖があれば、米国の雇用レポートが金曜日にリリースされないことになる可能性があります。それが雇用状況を報告することが「必須の政府のサービスではない」ためがリリースの用意が出来ていないか、あるいは雇用レポートはほとんどが過去に起こったことであり、「重要ではない」からかどうかは分かりません。過去に起こったことはとにかく重要なものとはならないのですから。

価格の動きをフォローし、市場、イベント、流動性のリスk儒が高いレベルであることを理解してください。lその結果として、相応にプランを練ってください;。    今日は可能性の様相を示しています。賢く、注意深くです。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。さらに、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*