FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

ワシントンの花火が続いているのにも関わらず、ドルはほとんど変わらずのまま

ワシントンの花火が続いているのにも関わらず、ドルはほとんど変わらずのまま

 

株式市場は、ダウ先物が-120以上の下げとなり、S&Pは-14ほどの下げとなり、ニューヨークセッションの前に下げています。   ドルは一方で静かです。金曜日のドルの終値での変化を示す上記チャートを見ると、対ドルの変化は単調です。トレーダーによるパブロフの反応となっており、日本円はギャップを開けて下げました。(不確実性、株式市場の下げなどで、安全な退避先としての日本円買いです。)そのため、ドルはその通貨に対して最も弱くなっています。

しかし、ほとんどの他の通貨に対する変化は実際は金曜日の終値から祖離れていません。以下のチャートにおける昨日からのピップスの変化を見ると、動きたくないようです。GBPUSDは金曜日から8ピップス下げています。USDCHF、USDCAD、AUDUSD及びNZDUSDは基本的に変化がありません。EURUSDは24ピップス下げています。(大したことではありません。)USDJPYは典型的な反応となり、最弱となっています。EURJPYとGBPJPYに明確なその他のことは下落とならり、再度予想したとおりでした。 そのため、今週はスロースタートで始まりました。

 

通貨トレーダーの無関心を示しているのは、上下に動くボラティリティに対して引き続き気が向かない状態です。以下のチャートは、直近のトレーディング22日(ほぼ1ケ月)の平均に比較し、今日の主要通貨のレンジを示しています。青線は日足のレンジを表し、赤線は平均です。明らかに、市場のトレーダーは、「様子見をするつもりであり、はい、もうすぐ停止となります。それは明らかですが、それはいつまでも続くことはできず、そうなるはずもありません。」ということを教えています。

毎日が過ぎるにつれ、ドルは対日本円で下げ、下落の方向に至るのではないかと思っています。そして、米国雇用レポートが今週末に出て来る予定であり、それと共に他のデータも出てきます。もちろん、負債の状況がその時までに若ならない場合、好データは無視され、予想よりも悪いデータが無視されません。

そのため、私は、今日のところ見られている温和なトレンドは日本の強さで継続する可能性が高いのですが、イベントやヘッドラインリスクにより緊張感のあるトレードになると思われます。

 

 

About the Author

Leave a Reply

*