FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURJPYは高値ブレイクに失敗、 それで調子は同じまま。

EURJPYは高値ブレイクに失敗、 それで調子は同じまま。

第2弾も第1弾と同じ…

昨晩、EURJPYを詳しく観察し、133.549レベルがトップ側のブレイクのレベルとして133.549レベルを説明し、下落側では132.62-74をサポートとして説明しました。(以下参照: http://blog.fxdd.com/2013/09/25/a-closer-look-at-the-eurjpy/) .

132.61-74での下側のサポートは実質的にテストされませんでした。しかし、トレンドライン(上記チャートを参照)は、法人税減税の可能性のレポートが急騰に至る前にかぎつけていました。

さらに高くなれば、 133.924の高値に進む途中で、133.54での上側のレジスタンスの上にジリジリと上昇しました。133.54でのこのレジスタンスレベルの上に数回渡来しましたが、買いを維持することができませんでした。ダウは下落し、米国政府の懸念がロングを手仕舞いするよう買い手を脅かしていました。おそらく、次回は?

昨日セッションの終わりに向かい、同じレベルでアジアセッションに入りました。ブレイクと継続するモーメンタムに要注意です。   トレーダーは我慢できずブレイクに失敗した市場のトレンドの無い状態をこらえきれません。

今晩、日本の消費者物価指数CPIデータが発表され、前年比先月0.7%に対して0.8%と予想されています。   それは2%ではありませんが、前月比のデータは直近の5か月間ポジティブでした。市場はこのニュースで反応するでしょう。データが予想よりも弱ければ、追加の刺激策を威嚇することになります。EURJPY/USDJPYの上昇に要注意です。データが強く高くなれば、ペアは下落すると予測します。

レベルを警戒し、ブレイクを警戒してください。

————————————————————————————-

本サイトにおける全ての情報は情報提供と教育的な目的で提供されています。提供情報はトレーディングのアドバイスとして解釈されるべきものではありません。過去の結果はこれからの結果を示すものではありません。さらに、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*