FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは低くさまよっている

USDJPYは低くさまよっている

USDJPYはニューヨークセッションが始まり、安値付近でトレードしていました。

耐久財需要は7月に-7.4%の過大な減少でしたが、-0.2%減の予想でリリースされます。第3四半期は数字が予想通りであれば、スロースタートとなります。先月39.4万件から42万件の増加予測の新築住宅販売も今日リリースされます。先月は販売のペースは45.5万から39.4万件に落ち込みました。住宅供給は4.3か月から5.2か月に増加しました。一般的に、USDJPYはデータが予想以上に改善あるいは悪化するかどうかに応じて動きます。改善データでUSDJPYが強くなり、逆なら反対の結果になります。

USDJPYにとっては景気低迷はドルが低くなり、台無しになってしまうワシントンDCの予算バトルがあります。日本円の安全性に退避することに至る傾向がある無気力な株式市場とともに、とれが今日のトレーディングにおける推進力となるかもしれません。

テクニカルな観点では、価格はFOMC後の下落からの上昇の61.8%の上下でトレードされています。日銀の委員が将来の刺激策は順を追って行われます。(それは急騰につながりました。-上記チャートを参照)そのレベルは98.483レベルに来ています。価格は直近の4時間のトレーディングでこのレベルの上下でトレードされています。チャートを見ると、トレーダーは100及び200時間移動平均の上に動き留まりたくはないペアによる弱気派のヒントを使いました。(上記チャートにおける青線と緑線)

次のターゲットのサポートレベルを壊すことができない場合、レジスタンスの下に留まっているのは良いのだろうか。答えは少なくともトレンドのような動きを探している者にとってそれほどのものではなく。USDJPYは後で意味のあるトレンドが無い状態になっていました。(以下の日足チャートにおける収束するレンジを参照)今日の価格は直近の高値と(98.751での)安値の中間点いかに戻っており、98.03でのサポートトレンドラインのブレイクがさらに売りに火をつけるためにできれば必要とされます。

それは起こるのだろうか。春が永遠であることを望みます。ある時点では、市場がブレイクアウトするでしょう。

今日は、それ以下に留まれば、98.75の中間点レベルから離れます。しかしながら、下落のモーメンタムが継続すれば、98.03レベルで売りが出ても驚かないでしょう。トレーダーは習慣で作ることができ、トレンドラインで買うのは、上下のトレンドが無い状態でトレードすることができる低コストな方法です。常にある日にブレイクがありますが、それが発生するまでは、市場からのヒントを利用しましょう。

 

 

About the Author

Leave a Reply

*