FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

GBPUSDは腰折れとなっている。ニューヨークセッションが始まり、調整している。

GBPUSDは腰折れとなっている。 ニューヨークセッションが始まり、調整している。

GBPUSDは今日のトレーディングで腰折れとなっている。英国中央銀行のマイルス中銀委員は、経済が正常に戻ったということとトレンドの成長は金融引き締めが間近であること考えることは「間違った方向に導かれていた」と述べていました。彼は成長が8月に強く、その成長は持続可能であったと認識していました。そのため、彼のコメントには、皆さんに若干の全てががあります。

そうであったのにも関わらず、彼のコメントが出される前に始まった下落はレンジの底付近で維持されていました。

 

テクニカルな観点では、売り手は100時間移動平均(上記のチャートでの青線)以下に押したことで勇気を得ました。価格は短時間この移動平均の線の上に戻りましたが、売り手はすぐに主導権を握りました。   最初の安値は1.59733レベルまで拡大しました。1.5999レベルへの38.2%の調整 – 売りのヒントついてトップ側でに今日注目するレベル – が維持され、続いて新安値を付けました。しかし、その安値は前回の安値よりも数ピップス低い1.5969まで拡大しました。   これは今日、売りにとって懸念になりえます…いずれわかるでしょう。

価格は現在1.59866レベルまで戻ってあげており、トレーダーは売り手が意欲的に主導権を握る事を評価する1.5990レベルを注目することになります。そのレベルの上での動きは、忍耐強い売り手にとって下落のドアを閉めることにはなりませんが、それはロンドンの午前のセッションで始まったトレンドを減速することになります。

売りのバイアスが続けば、200時間移動平均(上記1時間足チャートの緑線)は現在、1.5956に来て、トレーダーが一時停止する理由を与えるはずです。その下では、1.5920、そして1.58942レベルでの8月30日からの上昇の38.2%です。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。さらに、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*