FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは調整し、下落している

USDJPYは調整し、下落している

 

USDJPYはロンドンセッションにおいて下落に戻るために、50%リトレースメントと200時間移動平均に向けて上昇しました。アジアセッションでの上昇し、それが正しくはない100日移動平均(99.059)の上に戻ることができました。(高値は99.168に達しました。)そして、市場がトレンドを維持することに意欲的であることに半信半疑となっていました。

しかし、ニューヨークセッションのトレーダーが入り、価格がこうしたテクニカルレベルの下にもどり、弱気派に疑問を持つメリットを与えることになります。    しかし、それは疑問を持ったままでです。昨日と今日の安値も見てみましょう。ダブルボトムがあり、直近の押しの安値は98.707レベルでの50%を維持していました。(上記1時間足を参照)ですから、売り手の皆さん、売りを活発にすることができることを証明して下さい。

それをどのように行うことができるのでしょうか。98.88-98.936以下に留まれば、そこが私が売り手を見ようとする場所です。そうすることが出来なければ、下落するには100時間移動平均が98.97レベルとなります。しかし、それは市場に不信感を抱くことへの私の信頼に対して、少し行き過ぎとなります。

ですから、売り手の皆さん、私に証明してください。

追伸、98.642でのダブル底以下への動きは、次に98.46/98.48(9月16日からの安値と直近の週足のレンジの61.8%)を目指します。

 

追伸、日足チャート上で、98.75は2013年5月以来のレンジの50%です。このレベル以下の動きと終値で弱気派が主導権を握ることになります。

——————————————————–

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。さらに、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。


 

About the Author

Leave a Reply

*