FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURJPYは利益確定に入る。今日のトレーディングはどうなるのか?

EURJPYは利益確定に突入。 今日のトレーディングはどうなるのか?

日本が祝日であったのにも関わらず、EURJPYは売り込まれ、ほぼFOMC以前の安値からの上昇の61.8%まで調整しました。下落への動きは株式市場の下落が促進したのかもしれません。米国予算の議論がリスクを取らないという意味での「日本円買い」に貢献したのかもしれません。最終的には、EU/ドイツのPMI製造業データが弱かったことが買い手を売り手に押し出することに役立ってしまったのです。

 

1時間足チャートをみると、木曜日の上昇の後の金曜日の高値上昇に失敗したことと134.15での金曜日の安値以下に下げたことが下落をトライするテクニカルな触媒になってしまったようです。そのレベルが破られると、高値調整は134.148までに達し – 金曜日の安値のちょうど下 -そして、このことでトレーダーが売る決断をすることになりました。

それに続く価格の下落は、133.03での9月18日の安値からの上昇の61.8%の上の133.08の安値まで価格を動かしました。直近の数時間の高値戻りの動きで価格は、現在停滞し、アジアセッションのトレーダーが戻り、次のトレーディングのヒント待ちとなっている100日移動平均(133.47レベルでの青線)にまできました。

昨日の下落の動きの運命は、133.79エリアに対して判断される可能性がたかいのです。以下の日足チャートを見ると、このレベルは木曜日の高値拡大の前の年間高値でした。

以下の5分足チャートを見ると、133.788は先週の木曜日の高値からの下落の38.2%です。このレベルでの下側のレジスタンスがあり、これがこのレベルの重要性を増しています。短期的なリスクを定義するこのエリアを使うトレーダーを探してください。価格が下落を続けるのなら、133.03の下の動きでさらに売りが始まることになります。132.90は200時間移動平均(1時間足チャートの緑線)、132.71/76(5月14日と7月24日)、そして132.41の8月の高値が下落での次のターゲットになります。

————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*