FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

米国財政の懸念から日本円買いへの流れに至り、USDJPYは反転下落となっています。

米国財政の懸念から日本円買いへの流れに至り、USDJPYは反転下落となっています。

USDJPYは弱い側での弱い状態でスタートしています。ワシントン政府予算の状況はドル安方向に至っており、そのプロセスにおいて日本円への退避することになっています。

テクニカルな観点では、価格は200時間移動平均、そして100時間移動平均(上記チャートの緑線と青線)以下に下落しました。このプロセスにおいて、99.062での100日移動平均(以下のチャートの青線)が再度ブレイクされました。今回は下落に戻しました。このペアでは単に多くの確信がありません。

今日のところ、99.062レベル(それはリスクレベル)での100時間移動平均と100日移動平均に対する売り手を探すことです。下落側では、98.707-75が次のターゲットです。98.75が直近4か月間のレンジの50%です。(以下の日足チャートを参照)98.707は直近の数週間のトレーディングレンジの50%です。その下で、98.483(直近の週足のトレーディングレンジの61.8%))を探してください。

ワシントン政府が大きな懸念となり、あるいは株式市場が下落し、トレーダーが日本円を安全な退避先として買うことになると、97.87が日足チャート上のトレンドの下側及び先週の安値付近となります。先週価格は、FOMCが緩和を止めようとしたが、木曜に反対の方向となった時にこのレベル以下に下落しました。

 

————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*