FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

ワシントン政府の予算の騒ぎ、FOMCの声明、今週の関するデータ。 外国為替市場ではスロースタート。

ワシントン政府の予算の騒ぎ、FOMCの声明、今週の関するデータ。 外国為替市場ではスロースタート。

来週に焦点を合わせることはワシントンで起こることが分かる可能性があります。これは米ドルがネガティブになる可能性です。その他に、それはFOMCの声明、彼らが述べること、及びもちろん経済データの若干の思わぬ展開となる可能性があります、先週-FOMCの後のデータは改善しており(中古住宅販売額と新規雇用保険申請件数)、FOMCのブラード理事は、Fedはまもなく金融緩和を変更する事になりますが、データがそれをさせてくれなかったと述べていました。または、全てのポストFOMC声明とデータポイントについて、彼はFedが行動せず、さらに金融緩和をさらに行わない場合、低いインフレのレベルとなる可能性について吐き出すように述べました。「 (以下参照: http://blog.fxdd.com/2013/09/20/ok-so-data-is-important-lets-keep-track-of-the-data-and-the-comments-from-voting-members/ )

とにかく、FOMCが今週、声明を出す予定は以下のとおりです:

月曜日, 9:30 AM, ダドリー理事
火曜日, 1:00 PM, エスター・ジョージ理事
木曜に, 10:10 AM, スタイン理事、9:15 PM エスター・ジョージ理事
金曜日, 5:45 AM, エバンズ理事、8:30 AM,ローゼングレン理事; 10:45 AM, エバンズ理事 2:00 PM, ダドリー理事

その他の主要イベントとリリース:

月曜日; 9:00 AM ECBドラギ総裁、米国製造業PMI速報
火曜日; 4 AM ドイツIFO;8:30 AM カナダ小売売上; 8:45 AM ET, 英国中央銀行金融政策委員会タッカー声明; 10 AM 米国消費者信頼感指数; 1:00 PM, 英国中央銀行金融政策委員会ビーン声明; 6:45 PM ET, ニュージーランド貿易
水曜日,  8:30 AM, 米国耐久財需要, 10:00 AM, 米国新規住宅売上
木曜日, 4:30 AM ET, 英国GDP第2四半期確報値, 8:30 AM ET, 米国新規雇用保険申請件数, 第2四半期GDP確報値, 10 AM 米国暫定住宅販売
金曜日, ドイツCPI, 5:00 AM ECBドラギ総裁声明, 8:30 AM ET, 米国コアPCE価格インデックス, 個人消費及び収入; 9:55 AM ミシガン大学消費者信頼感指数

今日の安値から高値のレンジは全て、今所、平均以下です。(以下のチャートにおける青線は全て22日平均または赤線以下です。)   あるポイントでの拡張ポイントを探してください(おそらく?)

 

米ドルはほとんどの主要通貨ペアに対して弱いのですが、ユーロ及びスイスフランに対しては強いです。   ドイツの製造業インデックスPMIは、51.3 vs 52.2となりました。しかし、サービス業インデックスは54.4 vs 53.0であり、改善しました。メルケル首相が勝利し、それと共に現状維持となります。

 

————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*