FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

GBPUSDはチャンネルトレンドライン以下に戻っており、トレンドは減速しているかも知れない。

GBPUSDはチャンネルトレンドライン以下に戻っており、トレンドは減速しているかも知れない。

 

GBPUSDは予想以下であった小売り売上を背景にプレッシャーを受けていました。価格の下落は、このペアを1.60603レベルでのFOMC以前の安値(上記チャート参照)から上昇の50%に押し上げました。押し目買いが入り、今日のこのレベル以下への動きにストップを置く可能性が高いです。

価格は現在安値からリバウンドしており、1.6102レベルでのチャンネルトレンドラインレジスタンスに向けて戻っています。トレーダーが1.5426の8月28日の安値以来急騰したあとに活気づくことを期待しており、このレベルに対する売り手に注目です。3週間のトレーディングは悪くない動きです。

昨日の高値は1.6161に達し、上側のトレンドラインレジスタンスの上でのトレンドを加速しました。このライン以下への押しは買い手を少し減速させることに役立つはずです。(調整/もみ合いの期間を探してください)下側では、1.60603のブレイクは、100時間移動平均に戻る動きと底のトレンドラインを今後もターゲットとし、多くの売りの関心を誘うはずです。このターゲットは1.5942-50エリア近辺に現在来ています。(そして上昇しています)しかし、これらのレベルに向けた動きを今日は予想していません。さらなるイントラデイサポートは1.6036レベルに向かうことになるでしょう。その下では、1.5993-1.6000で押し目買いが出てくるはずです。

今日の1.6102レベルの上での動き及び全ての賭けはさらに調整の下落に対して、オフになります。

————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*