FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYは主要クラスターレジスタンスに向けて上昇している

USDJPYは主要クラスターレジスタンスに向けて上昇している

USDJPYは、昨日のFedのサプライズとなった決定からの下落をほぼ戻しました。このペアは、日銀は金融刺激策を拡大せざるを得ないと述べた日本銀行の木内登英審議委員からのコメントを背景に今日、上昇を強めました。さらに、リスク通貨への資金の戻りの流れは日本円の安全性に対する需要を弱めました。従って、売りです。

上側への上昇は、USDJPYを99.059レベルの100日移動平均(上記チャートの青線)に向けて戻しました。以下の1時間足では、価格が98.98での100時間移動平均(青線)も試しています。99.01でのトレンドラインレジスタンスは、このレジスタンスの集まり(99.059まえで)をイントラデイの利益確定を行う者(及び売り手)が上でのブレイクにストップを置いて頼りにするレベルにします。今日の高値はこれまでのところ、98.99を頂点としました。

 

トレーダーはレジスタンスで利益確定を行う場合がありますが、買い手は、5分足チャートでの100バー移動平均に戻って来るはずです。このレベルは現在、98.57レベルに来ています。(そして上昇しています。)    このサポートターゲット以下での動きは、98.37レベル(安値からの上昇の中間点)に向けた売りに至る可能性がありえます。忍耐強い買い手は今日、上昇のモーメンタムが続くことになる場合、ここに並んでくるはずです。しかし、このレベル以下の動きは別な意味合いとなり、今日(そしておそらく今週の終わりまでも)さらに上昇の可能性を混乱させることになります。

押し目買いを行う者は、結局は98.98-99.059レベル間の前述のレジスタンスの上に価格を押し上げることを目指します。もし、そうであれば(レジスタンスの集まりがあるためそれが難しくなります)、今日の99.39での200時間移動平均(上記1時間足チャートでの緑線)に対するレジスタンスを注目してください今週の高値はこれまでのところ、99.38でした。結果として、今日のトレーディングでテストされるのであれば、このレベルがかなり良いレジスタンスを提供すると予想します。

 

————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*