FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

バーナンキとFedは現状維持。 米ドル売り。 株式と債券は上昇。

バーナンキとFedは現状維持。 米ドル売り。 株式と債券は上昇。

市場はFedが緩和縮小を行うよう圧力をかけることにベストを尽くしていましたが、期待外れでした。Fedは「データ依存」の約束に忠実であり、まったく同じように金融緩和を続けました。削減を開始するのに見合うデータが必要であると述べたわけです。そのため、様子見しながら反応することに戻りました。

株式市場は大歓迎です。債券も大歓迎です。10年物国債は3%のピークから2.7%レベルにまで下落しました。米ドルは全般的に急落となっています。

 

対米ドルに対する各主要通貨のレンジは22日トレーディングの平均以上です。   GBPUSDは引き続き高値を目指しましたが、AUSUSDやNDUSDのような資源/リスク通貨ペアは昨晩から今日の朝にかけて好調dした。

 

EURUSDは1.3486でのトレンドラインレジスタンスの上で動きました。この価格のこのレベルの上に留まることができれば、強気派が主導権を握った状態となります。以下の動きとなれば、今日に入り、市場のモーメンタムが失われるはずです。

 

————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。加えて、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*