FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPY…2番目、3番目、4番目は最初と同様の序奏…しかし、今日は後で演奏曲が変わることを期待

USDJPY…2番目、3番目、4番目は最初と同様の序奏…しかし、今日は後で演奏曲が変わることを期待

USDJPYの昨日からのストーリーは今日のこのペアでも同じままです。しかし、Fedの決定が発表され、内容が変わることが期待され、トレーダーは近い将来のトレンドのような動きを利用することができます。しかし、それが100億ドルの金融緩和縮小が予想されたFedについての全てであることと言って差し支えありません。

このペアの価格は今日の99.08での100日移動平均近辺をプラス、マイナスのままです。これは引き続き強気あるいは弱気のバイアスに対する砂上の線となります。市場では今日の決定で多くの事が不確かであるため(つまり、緩和縮小の幅、さらなるアクションが何か、どの価格となるか、Fedの中央の傾向はどうなるのか、フォワードガイダンスをどう変更するのかなど、バーナンキ議長の声明内容そして市場が彼を信じるかどうか)、議事録がリリースされた時にボラティリティが高くなりました。そして市場は議長の声明を把握するために30分待たなければなりませんでした。トレーダーにとってのリスクは「赤信号警戒」の状態でした。

結果として、そうした市場で取引を行う最善の方法は、バイアスとターゲットを判断するためにテクニカルなレベルを利用することです。

以下の日足チャートは昨日の99.058レベル(青線)での100日移動平均を示しています。一般的に言えば、発表後に価格がこのラインの上で動けば、強気です。その下は弱気です。これはその先に向けて強気あるいは弱気となるバイアスに対する砂上の線となります。   どこまで上昇、あるいは下落という判断が確定したら、トレーダーはブレイクした方向にレベルをターゲットにすることになります。以下が100日移動平均の上または下の私のターゲットです。

強気の動きについては:

  1. 99.20エリアです。これは100時間移動平均です(以下のチャートの青線)
  2. 99.50エリアです。これは200時間移動平均です(以下のチャートの緑線)
  3. 99.845/925。99.845は、2007年の高値から2011年の安値への下落の長期下落の中間点です。99.925は、2013年5月の高値から2013年6月の安値への下落の61.8%です。(上記チャートを参照)
  4. 100.60。9月高値
  5. 100.86と101.52が6月からの高値です。

100時間移動平均(下落側への)から離れる動き:

  1. 98.75 – 4か月間のトレーディングレンジの中間点 (2013年5月から2013年6月のレンジ)。
  2. 98.64 and 98.46 – 昨日以前の今週の安値
  3. 98.08 – 上記日足チャート上のブレイクしたトレンドラインの下側。
  4. 97.578 – 同じ4か月間のトレーディングレンジのブレイクされた38.2%。
  5. 96.31 – 2月25日に遡る日足のトレンドラインからの安値。
  6. 95.76- 200日移動平均。

前述のターゲットは、新たなトレンドが上向きあるいは下向きの方向でこのペアに継続しているかのようです。トレーダーに対するロードマップを教えてくれるターゲットに注目です。レベルがブレイクされれば、次のターゲットを注目です。

USDJPYが奏でる曲は同じままですが、昨日は交差点に差し掛かり、期待ではありますが、それがトレーダーに主要100日移動平均から離れるトレンドで取引する機会を与えてくれます。

————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。In addition trading in foreign exchange markets on margin carries a high level of risk, and may not be suitable for all individuals

 

About the Author

Leave a Reply

*