FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

AUDUSDが100日移動平均のドアを叩く

 AUDUSDが100日移動平均のドアを叩く

AUDUSDは他の通貨と同様、昨日ギャップを開けました。オーストラリア準備銀行(RBA)の先の議事録は、今後緩和策の縮小に向けてドアを開けたままにするということで、若干ハト派的なものとなった考えられています。当初、このペアはニュースで下落しましたが、0.9284の安値に達してから上昇してきており、100日移動平均を試しています。(0.9362レベル)昨日価格はこの移動平均レベルの上に出ましたが、そのままで終えることができませんでした。前回、価格が100日移動平均を上回って終えたのは2013年4月12日にさかのぼります。

金曜日からのギャップはまだ(0.9272まで)埋まっていませんが、私はギャップ上でトレードしません。そうなれば良いのですが、市場がすぐに埋める必要はありません。今日の安値では、価格は100時間移動平均(以下の1時間足チャートでの青線)と9月6日の安値からの上昇の38.2%を試していました。(以下の1時間足チャート)トレーダーはこのレベルでのリスクを判断し、限定することに満足しており、価格は反転して上昇しました。高値上昇はかなり一定の上昇でした。(以下の1時間足を参照)

以下の日足チャートを見ると、価格は0.9316-43エリア(日足チャートの黄色のエリア)の間の天井の上にもあります。ニューヨークセッションでの安値は0.9339に来ていました。そのため、買いが残っていました。100日移動平均に対するレジスタンスは破るのが堅いのですが、前述の0.9316-43でのサポート以下に戻ることができないということは強気派が主導権を握り続けることになります。今、下落に対するリスクを判定するために0.9343を警戒し、0.93862レベルでの週足高値のテストの扉を開く100日移動平均のブレイクを注意していきましょう。そのレベルの上なら、0.95094を目指す長期的な動きを否定することはできません。

——————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。さらに、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*