FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

USDJPYの意向を探る。注目されるわずかな動き

USDJPYの意向を探る。注目されるわずかな動き

USDJPYは今日はほとんどトレーディングの脈がありません。先月の平均はおよそ89ピップスでしたが、このペアは今日は37ピップスのトレーディングレンジの真っ只中にあります。誰かが呼吸しているかどうかを見るためにチェックしています。

価格は100日移動平均のサポートを見つけています。(今日現在、99.04れべるです。)安値は99.00に来ていました(最初のトレーディングの数時間以内に)。高値はアジアのセッションに達しました。これまでロンドンのレンジを見ると、レンジはさらに狭い25ピップスとなっています。誰かCPR(期前償還率)を知っていますか。

アクションは上がったり、下がったりです。ロンドンの安値は100日移動平均を試しており、良い考えがないため、その移動平均レベルの上に留まれば、このペアは日中強気です。日足のレンジの中間点は99.176であり、その上のレベルでの動きは、買い手をを支援し、強気のバイアスに役立ちます。そこから、99.39での100時間移動平均と99.607での200時間移動平均(以下1時間足チャートを参照)が上側のターゲットになります。

2007年からの下落の50%は、(市場がこの昏睡状態から目覚めれば)99.845、そして5月の直近高値と6月の直近安値(上記日足チャートから)への下落の61.8%である99.925に来ることを覚えておいてください。その上のあるものなら何でもとUSDJPYの鼓動がもう一度スをしています。

 

About the Author

Leave a Reply

*