FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

EURUSDはギャップに対するサポートとトレンドラインサポート見つける。高値上昇

EURUSDはギャップに対するサポートとトレンドラインサポート見つける。高値上昇

EURUSDは、週末にわたるギャップに対する1.33208でのサポートを見つけました(安値は1.3324に達しました)、そして先週のトレーディングからの高値となり、昨晩、トレーディングで高値に戻しまた。価格は、予想45.0に対して49.6に上昇した独ZEW景況感調査の良いデータに助けられました。これは2009年12月以来最高でした。現在の状況は、予想20.0に対して30.6に上昇しました。(2012年6月以来の最高値)昨日からの高値は1.3374/80/85の価格で次のターゲットになっています。そのレベルの上でのブレイクは、1.3400(8月初旬)、1.3415 (6月中旬), 1.34337 (2月高値) そして1.34508での8月高値を含む、2月、6月、8月からの次の高値を目指します。

下落側では、5分足チャート上のブレイクされたレジスタンスと同じチャートの100/200バー移動平均が今日、このペアに対して近いサポート/リスクを定義するレベルにとなるでしょう。レジスタンスであったのがサポートになり、1.3347でのトレンドライン、1.3345 (現在の100バー移動平均 – 青線)そして1.3340 (200バー移動平均 – 緑線)でのこうしたレベルはサポートとして注目されます。

今日は、米国の消費者物価指数が前月比予想+0.2%であり、前年比1.6%が21:30にリリースされました。TICフローが22:00にリリースされました。(150億 vs. -669億 – 最近は米国からの資金の流出がありました。)そして、NAHB住宅市場指数(58 vs. 先月59)が経済的なリリース内容です。   FedはFOMC会合を今日始め、決済したポジションが流れも支配することになります。

——————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。さらに、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

本日のレンジと変化

 

——————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。さらに、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

USDJPYの意向を探る。注目されるわずかな動き

USDJPYは今日はほとんどトレーディングの脈がありません。先月の平均はおよそ89ピップスでしたが、このペアは今日は37ピップスのトレーディングレンジの真っ只中にあります。誰かが呼吸しているかどうかを見るためにチェックしています。

価格は100日移動平均のサポートを見つけています。(今日現在、99.04れべるです。)安値は99.00に来ていました(最初のトレーディングの数時間以内に)。高値はアジアのセッションに達しました。これまでロンドンのレンジを見ると、レンジはさらに狭い25ピップスとなっています。誰かCPR(期前償還率)を知っていますか。

アクションは上がったり、下がったりです。ロンドンの安値は100日移動平均を試しており、良い考えがないため、その移動平均レベルの上に留まれば、このペアは日中強気です。日足のレンジの中間点は99.176であり、その上のレベルでの動きは、買い手をを支援し、強気のバイアスに役立ちます。そこから、99.39での100時間移動平均と99.607での200時間移動平均(以下1時間足チャートを参照)が上側のターゲットになります。

 

2007年からの下落の50%は、(市場がこの昏睡状態から目覚めれば)99.845、そして5月の直近高値と6月の直近安値(上記日足チャートから)への下落の61.8%である99.925に来ることを覚えておいてください。その上のあるものなら何でもとUSDJPYの鼓動がもう一度スをしています。

 

ForexLiveアメリカ市場総括: 控えめなドルの回復

外国為替関連ヘッドライン:

米ドルは、米国時間セッションのトレーディングの最初の時間帯で底を打っていましたが、ラリー・サマーズ氏絡みのトレードはその後消え始めました。ドルは日中のストップにかかり、EUR/USDは1.3387に達しましたが、市場は活気がありませんでした。同様に英ポンドは1.5964に達しました。それはヨーロッパ接書での高値の上5ピップス程度であり、そして勢いを失いました。それが水曜日のFed前にけりをつける兆候でした。

EUR/USDは1.3339に弱まり、GBP/USDは1.5900周辺をホバリングしている状態です。テクニカルには、ほとんどのペアはサマーズ氏の辞退発表からのギャップに入りました。それは米ドルにとっては良い兆候です。

USD/JPYは米国セッションで98.64まで下落し、今日に入り99.170前後まで戻しました。米ドルが50ピップス程度回復し、全体的にとても似通った状況になっています。そのために、昨日の損失を少なくしています。

 

EURJPY…それほど進んでいませんが、バイアスは強気になってきています。

安値での戦いを記録し、高値が記録された時に、EURJPYペアの最初の数時間の取引が無ければ、このペアは昨日の間、50ピップスのトレーディングレンジで取引されていたと思われます。(実際のレンジは74ピップスにまで拡大しました。)これは直近の22日間での平均以下です。 明らかに、市場は後押しや突き出ることを待っています。

上記1時間足チャートを見ると、新たなトレーディングの日に入り、このペアは小さな上方バイアスとなっています。

  • 価格は今日だけでなく、金曜日にも200時間移動平均(緑線)の下に動き、毎回、価格は移動平均レベルの上にリバウンドしていました。(現在は131.98レベルにあります。)
  • 価格はトレンドラインサポートの上にあり、安値は先週の月曜日に131.83に達しました。
  • 価格は直近高値の132.06からのトレンドラインレジスタンスの上にあります。
  • 価格は、9月6日の安値から9月10日の高値への上昇の38.2%に戻ってきています。そのレベルは 1.32034 に来ています。

以下にまとめたサポートのレベルの上に留まれば、このペアのバイアスは上向きのままであり、高値からの動きはただ調整ということになります。 突破する次のターゲットは132.49での100時間移動平均(青線)となります。 そのラインが今、少し下降気味になっているため、そのレベルを上昇への抵抗となるものとして扱いますが、上昇を必ずしも止めてしまうものではありません。

そのため、全体として、132.49レベルでバイアスは上昇に戻ります。その上に達するレベルでさらに利益を得るための上昇開始となります。

——————————————————-

本サイト上の全ての情報は情報提供及び教育のみを目的として提供されており、トレーディングまたは助言を意図したものではありません。そのような全ての助言サービスと同様、過去の結果は将来の結果を示すものではありません。さらに、外国為替市場での証拠金取引は高いレベルのリスクがあり、全ての個人に適したものではない場合があります。

 

About the Author

Leave a Reply

*