FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 0

8/14(Wed) 為替ニュース&FX分析レポート

英ポンド/米ドルが動いているようだ

200dmaは10分間ずっと保たれたがトレンドラインの上に急上昇したものの、戻ってきている。中東勢の売りが1.5500/20で活発であった。

1.5550の売値はオプション関連であるかもしれなく、Adamが指摘していたとおり、1.5495で処分するオプションは、14:00GMTまでに急上昇となり、同ペアを魅了する可能性がある。

エジプトで緊張が高まり、原油価格は$110で戯れる

9月のブレント原油先物は、エジプトでの問題が高まり、タフなレジスタンスとなっていたちょうど$110以下を維持している。

何百人もの人々がデモで警察や治安部隊と衝突し、死傷したと報道で伝えられている。

エジプトの政治問題は良く知られており、事態は昨年見た蜂起と比較し、同地域ではいくらか沈静化した。エジプトでの深刻化は他の地域でのさらなる問題に至るものではないかもしれないが、それは気に留めておくべきことである。

 

ヨーロッパモーニング総括:失業率データの改善後に再度、英ポンドはポジティブとなる

8月14日のヨーロッパの午前セッションの外国為替トレーディングヘッドライン

我々は確かにこうした直近のセッションでの動きの欠如に対して苦情を言うことはできず、今日の午前のスターのパフォーマーは英国失業保険申請件数が予想以上に改善したことを受けた英ポンドであり、英国金融政策委員会議事録には何ら不快なサプライズは無かった。

リリースのちょうど前に英ポンド/米ドルは1.5420-30の間での強い買いの関心を試していたが、新たな買い手が1.5489まで買い上がる1.5456に下落すべく1.5506の高値に上昇した。ユーロ/英ポンドは0.8600で動意があったが、少し上昇の前に石のように下落し、現在0.8551にずり落ちた。全体として、英ポンドは落ち着いて見ると若干疑念も生じるもののうまく行った。面白い世界だ。

米ドル/円は、日経平均がもう一度高値で終え、米ドル/円は 98.43となり、円ペアが高値となり、強くもみながら高値となった。日本の輸出企業とマクロネームが98.40近辺で売りに来ていた。各円ペアが良い子犬のように後を追いかけており、98.30まで戻るべくまもなく、98.01に戻った。

ユーロは予想よりも良かったGDPデータがあったが若干懐疑的なようであり、ユーロ/米ドルはほとんどのセッションで早朝の上昇で十分な流入があった後に1.3230-35の間で強い買いの関心が出る前に1.3245周辺で抑え込まれていた。

豪ドル/米ドルは守勢で始まったが、0.9080から0.9133までの午前の上昇で手堅く推移したが、それはカナダドルが1.0350をめざし、安定していた。

そのため、サイド多くの機会を与えてくれたセッションと12.30 GMTに発表の米国インフレのデータで、さらに多くを期待することができる。

本日これまでのトレーディングにおけるレンジと変動

一日のレンジ vs. 22日トレーディングの平均トレーディングレンジ:

%変動 vs. 今日の米ドル:

米ドル/円はサポートとレジスタンスの間で混乱している

米ドル/円は本日8月下落50%の98.87でのサポートと同レンジの61.8%リトレースメントの98.355のレジスタンス間で混乱状態となっている。以下の5分足チャートにおいて、このペアは、98.35レベルが上昇のレジスタンスとなっているが、下落のサポートとなっている98.11エリアでのトレンドラインサポートでより制限されたトレーディングレンジとなっている。

その動きは、トレーダーが現在のレベルで次の方向の動きに対して確信を持っておらず、チャートからヒントを求めていることをほのめかしている。

今日の高値追い、昨日からのニューヨークセッション安値(そして50%レベル)を保持する能力、そして5分足チャート上で100及び200バー移動平均の上での価格となっていることは強気のバイアスを私に与えてくれている。しかし、その98.35エリアを突破する必要があり、モーメンタムがそれに続く必要がある。

ブレイクでの次のターゲットはこのペアが98.745での主要100日移動平均に向かうことになる。また、そのレベルはこのペアの4か月トレーディングレンジの50%である。ヒントに従うことである。上記のレベルに対するリスクを判断し、そこからは「市場」が同意するかどうかである。

米ドル/円は予想通りの動きとなり、ニューヨークの取引セッションの間はサポートとレジスタンス間でもみ合いとなった それでどうなった?

 

昨日、先に掲載した内容では、97.867レベルがサポートとして注目されるとコメントした (ここをクリックし、先の掲載内容を参照)私はトップ側のチャンネルトレンドラインにも言及していた。ニューヨークセッションにどれかがある点を突破すると予想していたが、間違っていた。

価格は確かに97.867(安値は97.877に達した-上記チャートを参照)での同ペアの唯一の押しでサポートレベルを保持しており、トップ側のチャンネルトレンドラインもサポートを保持していた(以下の5分足チャートを参照)

今、5分足チャート見ると、このペアは100日バー移動平均とニューヨークセッションの直近の数時間での若干のテストがあったが底のトレンドラインに忠実である。   それぞれが突破されれば、それはむしろもみ合いや調整のフェーズのシグナルとなるはずである。   以下では、97.867が突破される必要があり、それに現在の97.684にある5分足チャート上の200バー移動平均(以下の5分足チャート内の緑線)が続いている。今の97.611での200時間移動平均も、その価格レベルが突破されれば、サポートでの買い手を見つけることになる見逃せない主要ラインとなる。

 

トップ側で、このペアには今、98.23-253に3つの別々のトップがあり、さらに買いが促進するにはこのエリアを突破する必要がある。そのレベルの動きはトップサイドのトレンドラインをターゲットにする。現在、このレベルは、上向き上昇ラインがそれぞれに続くバー上で益々高くなるため、98.48に来る。次の大きな主要レベルは現在98.71レベルにある100日移動平均となる。これは98.751 4か月強のトレーディングレンジの50%に非常に近くなる。7月下旬の様に、この移動平均は最初のテストのレジスタンスを提供すると予想する。しかし、上への動きは無視すべきではない。

 

 

 

 

ロックハート米アトランタ連銀総裁は金融緩和の変更は慎重に行う第1ステップすべき

彼は以下を付け加えた:

  • 2013年後半に経済成長が上向くと予想する
  • 財務の信頼性のショックのリスク
  • 消費と住宅が強くなるはず
  • ディスインフレの懸念
  • 9月に意思決定を行うにはデータ不足
  • 最初の緩和縮小は一連の動きの1部である。

 

 

豪ドル/米ドルは1時間足及び5分足チャートの0.9114エリアでのレジスタンスをテストしている

 

豪ドル/米ドルは5分足チャートの100時間移動平均と100バー移動平均にレジスタンスに向かっている。両方の移動平均は(0.9114で)同じエリアにある。このペアはそのエリアで売りが出てくるものと予想する。

 

 

 

 

豪ドルの注文状況とテクニカルレベル

以下が注文状況(及びいくつかの散見されるテクニカルレベル)である。

トップ側:

  • 売り 0.9240/50
  • 売り 0.9200/10/20、0.9225の上にストップロスの買い.0.9200はレジスタンスでもある。
  • レジスタンス 0.9175
  • 売り 0.9150(ストップロスは個々の上に積み重なっている。)
  • レジスタンス 0.9135/40
  • 売り 0.9125/30
  • 最初のレジスタンス 0.9010/15

底側:

  • 買い 0.9075/80(昨晩の底値買い)
  • 買い 0.9048/53
  • サポート 0.9025/30
  • 買い 0.8925および0.8900
  • その下にストップがあるが、興味深い規模の集まりではない。

 

 

ユーロ/円は急上昇の後に調整

 

ユーロ/円はロンドンセッションの朝上昇トレンドを満喫したが、ニューヨーク時間のトレーダーが入ってきて、調整が始まった。この下落調整はこれまで、5分足チャート上の200バー移動平均(緑線)でサポートの買い手がいたが、今は100バー移動平均以下となっている。この状況を私は「ゴールポストの間でのトレーディング」と称します。誰が主導権を握るのかを決定づける100バー移動平均の上、または200バー移動平均の下へのブレイクを期待である。押しでの買い手やこの2つの移動平均の両端での上昇での売りがあるかもしれない。     市場はこの2つの移動平均のレベル間でより中立である。

ユーロ/米ドルは2013年の中間点の最初のテストでサポートの買い手がいる

 

ユーロ/米ドルは1.3228で2013年のトレーディングレンジの50%を下に試している。安値はこれまで1.3233に達した。このレベルでの買い手は価格を高値に押し戻し、現在リバウンドで1.3245で取引されている。

この主要レベルに対して下にストップがあるが、買い手が出てくることを予想している。今日のトップ側では、売り手が1.3257-64エリアに向けて動くかどうかに要注意である。これは直近の下落トレンドの調整ゾーンである。

About the Author

Leave a Reply

*