FXDD日本語サポートブログ
help desk software
Comment : 2

ニュースレター:アイルトン セナ

FXDDお客様、今年もよろしくお願いします。

 

今月、そして今年最初のNEWSLETTERを担当させていただく深野です。

今回は年明けに見たアイルトン セナの友情についてお客様とシェアーしたいと思います。

 

みなさんセナのことはご存知だと思いますが弊社もF1スポンサーしてましたが正直F1って何が面白いんだろうっていつも思ってました。

ただ車が早く走れるか自慢してるだけだし高いスポンサー料をぼった食って省エネとはまったく逆の時代にあってないスポーツとも思ってました。

しかしNETFLIXでSENNAの映画を見て泣きました。

日本語のウイキピディアでは書かれてませんがこれです http://en.wikipedia.org/wiki/Ayrton_Senna

It was later revealed that, as medical staff examined Senna, a furled Austrian flag was found in his car—a flag that he had intended to raise in honour of Ratzenberger after the race

 

セナはブラジル人ですから必ず自分の車にはブラジルの国旗を持ってるのは理解できますがその時だけは彼が死んだレースで彼の車にオーストリアの国旗を持ってたようです。理由はその前の日のレースで彼のオーストリア人の友人がクラッシュで死んだからだったそうです。ポールポジション、ナンバーワンではないと意味がないF1で競争相手のドライバーの国旗を自分の車に持ってたという意味は友情以外の何物でもなかったと思いますし本当の男にしかできないことだと思います。

 

現実社会で常に同業他社との競争のために自分たちの会社のシェアー、利益追求に走らなければいけない資本主義社会でどれだけの人がセナのような行動がとれるでしょうか?

みな小さい時からいい学校、いい大学、いい会社に入って、社会人になっても会社の文化に染められて一体何を自分の人生のMISSIONに生きているか分からない時が誰でもあるかと思います。

会社内のポリティックス、家族親戚内での争い、人間関係と世の中にはネガティブなパワーはあちこちにありますが人生で何が一番大切かを考えさせられた映画でした。

 

ちょっと話が飛びますがどうしてこのようなことを年明けのNEWSLETTERに書こうかと思った理由は人間や会社は年明けの抱負などを持つと思いますが私自身のFXDDの日本マネージャーとして日本のお客様の口座数、預かり等ゴールを通常は立てる立場にいます、だからといって何口座、いくら今年は集めようという目標だけでなく、今いるお客様への感謝の気持ちを込めて自分の感動、いいと思うものをシェアーすることが一番やりたいからです。 世の中にはいろんな矛盾があるかと思います。

 

企業にとってお客様のベストなことと会社にとってベストなことが必ずしも一致しないこともあります。

 

例えば弊社はFX業者である限り、お客様の取引高が収入源のほとんどですが取引高を増やせばお客様が必ず儲かるわけではないですよね。

 

MT4業者としてEAが人気でもありますが十分リスクを理解した上で取引をしてください。最後に私から営業の一言ですが取引高ではなくリスクマネージメントのひとつとして弊社が提供するCURRENSEE是非ご覧ください。

 

理由は私が説明するよりも実際利用されてるお客様のご意見をコメントにいただければと思いますのでCURRENSEE をご利用のお客様是非お手数ですがご意見、感想お願いします。

 

お忙しいなかNEWSLETTERを読んでいただき本当にありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。

About the Author
  1. NK Reply

    アイルトン・セナを無性に観たくなりました。
    CURRENSEE 利用させて貰っていますがなかなかいいですね。まさに個人向けヘッジファンド。少額の人には向かないかも知れませんが、1万ドル以上だと十分に効果がありますね。

  2. モスモス Reply

    こんばんは!

    私も利用者の声が聞いてみたいです。
    5,000$の壁は意外と厚く・・・
    利用したいのは山々ですが、う~ん。。

Leave a Reply

*