FXDD日本語サポートブログ
help desk software

FXDDまりべーのボランティア旅行の話

日にち:8月11日(木曜日)
時間:午前10時25分
天気:晴れ
投稿者:寺田真里子

こんにちは、FXDDまりべーです(●´・ω・)ノ8日間のボランティアから数日前無事帰ってきました!今日はその話をしたいと思います。私と21人のグループが今回行ったのはノースキャロライナ州のエイバリーカウンティーです。ニューヨークから南に車で約10時間くらいです!山の中にあるボランティア施設で携帯はずっと圏外、エアコンも無し、そしてもちろんコンビニもないところでした。


初日はニュージャージを午前8時に出発し、中学生、高校生、大学生、そして社会人の合計21人で行きました。10時間で到着するはずだったのですがなぜか結局13時間ほどかかりノースキャロライナに到着したのは夜の23時ごろでした(笑)

今回のボランティアは低所得者の家やその周辺の建築の作業を手伝うのが目的です。このノースキャロライナ州エイバリーカウンティーとは元々経済的に発達していない地域でした。しかし非常に自然が美しい土地で、そのうちどんどん観光地化されていきました。また、アメリカのお金持ちの人が高級別荘を建て始めました。高級別荘が建つにつれ土地の値段があがり、元々この地域に住んでいる人たちは自分の町に住めなくなってしまいました。悪循環が続くなか、元々住んでいる人たちを支援する団体、Habitat for Humanityがそこに設置されました。この団体は経済的に大変な生活している人たちを支援をする団体です。今回私のグループはその団体のお手伝いをしました。

私のグループが手伝った家は二件ありました。一つがこちらです↓↓

そしてもう一つはこちらです↓↓
これは家のよこに何とかというものをみんなで貼り付け作業をしているところです。

私の班は中学生もおり、怪我をしてしまうような大きな作業はする事ができませんでした。代わりに家の周りに大きな石をどけて、土を耕し草などを植える作業をたーーくさんしました。しゃがんだり、立ち上がったりで今も少し筋肉痛です(笑)その時の写真その1です

その時の写真その2

またそれ以外に家を建てる時に設置した柱を取り除く作業もしました。
これはその長い柱を皆で運んでいる写真です↓↓

作業は朝の7時半から始まり大体午後の3時半~4時ごろまで行いました。炎天下の中、そして山の中だったので上り坂を行ったりきたりし、体力勝負のボランティアでした。慣れない作業をするなか、すぐにバテルのが社会人です(笑)正直FXDDがある貿易センタービル32階のエアコン、エレベーター、コーヒー、PCが恋しくなったりもしました。でもそんな中、若い中学生や高校生の子達が「頑張ろう!」などを声をかけてくれるのが一番のエネルギーに繋がりました(o´∀`o)

これは休憩中の写真です!

ちなみに寝泊りしたところの写真も紹介します。小さい部屋に2段ベッドが5個あり、グループの女の子たちは一部屋に泊まりました。私はかどのベッドの2階に寝袋で毎日寝ました。非常に蒸し暑かったです(笑)また夜中毎晩大きな声で寝言をいう高校生の子がいて、すごく面白かったです(笑)

また一日だけオフの日があったので、その日はグループのみんなでハイキングへ行きました。めちゃめちゃ高いGrandfather Mountain(おじいちゃんの山)を登りました。その山の名物?がつり橋でした!

高所恐怖症なので絶対に渡らないと思っていたのですがみんなのプレッシャーに負け、結局渡る事になってしまいました(汗)山の頂上でとった集合写真です↓↓


すごく充実そして楽しい旅をする事が出来ました。いろいろなハプニング(具合が悪くなる子、ネジを踏んづけてしまった子、家が恋しくて泣いていた子などなど)もありましたが、全部良かったです(≧▽≦)みんなで協力して何かを成し遂げる事、社会貢献をする事の大切さを勉強する事、そしてアメリカの中にある自然を楽しむ事を私は勉強する事が出来ました!

今回の経験を活かし、もっと社会に貢献出来る大人になっていきたいと思います。また、それ以上に社会貢献の出来る若者(中学生・高校生)の支援もしたいな、と思います。このトリップを実現できたのも周りにいる人たちみんなのお陰なので、本当に感謝しています、ありがとうございまいた!

About the Author
  1. JUN Reply

    ガキの頃のサマーキャンプ思い出す、楽しそう!お疲れ!

  2. モスモス Reply

    おかえり~

    頑張ってきたんですね。
    ほんと山ですね。
    エアコンなしは私には厳しいかもしれません。
    涼しかったらいいけど・・。。

Leave a Reply

*